M.ZUIKO 150-400mmが想定以上の注文で供給不足告知 入手は冬以降

「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」お届け遅延のお詫びと供給状況について

平素は OM デジタルソリューションズ製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

2021 年 1 月 22 日発売の「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」について、弊社の予想を大きく上回るご注文をいただいており、生産がご要望に追いつかない状態となっております。ご予約いただいたお客さまには、製品の準備が整い次第順次お届けしてまいります。なお、今後ご予約いただくお客さまへの製品のお届けは 2021 年冬以降となる見通しです。多くのご注文を頂いていることに心より感謝申し上げますとともに、商品のお届けまでお時間を頂きますことを深くお詫び申し上げます。

当社の高い光学技術を結集して開発された当レンズは、高度な生産・組み立て技術と厳しい品質水準で生産管理を行っており、一日の生産量が限られておりますため、受注生産とさせていただいております。すでにご予約をいただいているお客さまをはじめ、ご購入をお考えのお客さま、関係の皆さまには大変なご迷惑をお掛けいたしますこと重ねて深くお詫び申し上げます。

お客さまにご満足いただける高品質な製品をお届けするために、一日でも早いお届けを目指し、鋭意努力しておりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://www.olympus-imaging.jp/content/000114617.pdf

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO予想を上回る注文

OMデジタルソリューションズがM.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PROの販売について、予想を上回る注文で供給不足になっていることを発表しています。この製品は予約開始時にも製品不足が告知されていたのですが、今回はさらに新規予約に関してもかなり供給が遅れることを示唆する内容となっています。

このレンズは記事にもありますが、高度な技術が必要ということで1日に生産できる数量が限られているため、どうしても供給がおいつかないという状況になっていると考えられますね。ちなみに、この製品の価格は市場で約80万円で発売されており、決して安くはないレンズなのですが、35mm換算で300-800mmというレンズなので、それなのに需要があったようです。

また、今から注文した場合、2021年の冬以降になるようです。今年の冬というのは、いまの時期の冬なのか今年の年末の冬のことなのかがわからないのですが、仮にいまの季節の冬以降ということであれば、2021年の3月か4月ぐらいに手に入れることができるということになるのだろうと思います。もし2021年の冬というのが、2021年末から2022年にかけての冬であるとすると、これから1年以上も入手できないということになります。2021年の冬っていうと、通常は2021年12月~3月ぐらいのことを言うと思うのですが、どちらなのでしょうか?

オリンパスからOMデジタルソリューションズにカメラ事業が引き継がれたわけですが、それでも交換レンズがこれだけ売れるというのは、新会社としては嬉しい出来事だと思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「M.ZUIKO 150-400mmが想定以上の注文で供給不足告知 入手は冬以降」への1件のフィードバック

  1. OM デジタルソリューションズにとって幸先のいい話ですね。
    恐らくレンズの仕上げ研磨か最終調整にベテラン職人さんが
    必要なのかも知れません。
    今年の春までには入手できるようになるといいですね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top