ソニーFE 24-70mm F2.8 GM IIレビュー 中央部カリカリ 周辺部も素晴らしい

FE 24-70mm F2.8 GM II

FE 24-70mm F2.8 GM IIレビュー

ソニーの大三元標準ズームのレビュー記事が掲載されています。光学性能的に優れたレンズという評判ですが、今回のレビューではどのように評価されているのでしょうか?

それではみてみます。

・コストの問題がなければ、FE 24-70mm F2.8 GM IIは最高のオールラウンダー
・すべての焦点距離とf値で中央はカリカリ、端部も中央に遅れをとっていない
・ボケが美しく、周辺減光も、色収差もほとんどなく、近接撮影性能も素晴らしい
・唯一の光学的欠点はjpeg、RAW両方での24mmの樽型、70mmでの糸巻き型の歪曲で補正する必要がある
・AFは非常に高速で、静か
・軽量なのに作りの品質は一流で、耐候性にも優れる
・動画用に絞りリングを固定できる機能を歓迎する
・フォーカスホールドボタンとズームリングのトルクを変更するスイッチは優れた機能
・光学式手ぶれ補正がなくボディ内手ぶれ補正に依存する
・2199ドルは非常に高いが、それに値するレンズを入手できる
・シグマ24-70mm F2.8 DG DN Artはソニーに負けるが安価な代替品として価値がある
・Samyang AF 24-70mmはさらに安価だが機能的に見劣りする

PhotoGraphyBlog

まず、このレビューではサンプル画像とともに詳細なレビューがありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。上記は「結論」部分を要約して引用したものになります。

記事によれば、画質的には素晴らしくどの焦点距離、f値でも中央はカリカリで、周辺部も中央部に遅れをとっていないほどだとしています。ボケもきれいで周辺減光、色収差もないということで、かなり優れた性能のレンズであることがわかりますね。動画向けにAFも高速で静かだが、ライバルと比較すると価格が高いのが難点と言えそうです。

唯一の欠点的なものは、まず24mmと70mmで歪曲収差が見られることで、内蔵のデジタル補正を利用するか、現像ソフトがこのレンズのプロファイルを提供するまで待たなければならないとしていますね。またレンズ内手ぶれ補正がないため、ボディ内手ぶれ補正があることが条件になるとしています。

またライバルとの比較では価格も安いが性能的にもシグマの製品はやや劣るということで、これを許容できるかどうかが選択の分かれ目になるかもしれません。

技術で解かれていくレンズのジレンマ

レンズには、歪みや結像のズレなど光学的な理由で収差が発生してしまいます。収差として有名なのは、球面収差/コマ収差/非点収差/像面湾曲/歪曲収差のザイデルの5収差です。この収差ですが、レンズの設計を変えることで簡単にすべてをなくすということは非常に難しく、あちらを修正すれば、こちらが悪くなるといったようなジレンマの関係になっています。そのため、高いレベルですべての収差を最低限にするには、非常に光学設計の高い技術力が必要でした。

しかし、最近ではフィルムカメラではなくデジタル化し、様々な収差を後から補正することが可能となっています。その最もなものが、周辺減光、歪曲収差、色収差です。これらをデジタル的に補正することができれば、これらの収差についてはあえて最低限の対応とし、余裕ができたぶん他の収差を良く修正する方向でレンズを設計すれば、デジタル補正込みで考えれば素晴らしいレンズを作れることを意味しています。

また、最近は、カメラにボディ内手ぶれ補正を実装することで、レンズ内に手ぶれ補正の機能を持たせないという選択もできるようになりました。レンズ内に光学式手ぶれ補正を実装するには、それを実装する前提の設計を行う必要があるので、レンズの設計の自由度が下がってしまいます。しかし、光学式手ぶれ補正をなくすことができれば、それだけレンズの設計の自由度がまし、さらに光学的に優れたレンズを作ることができる可能性が高まります。

このように、もしデジタル補正を許容できたり、レンズ内手ぶれ補正がないことを許容できれば、より性能的には高いレンズを手に入れることができるということになります。なのでメーカもそういった割り切ったレンズを今後も作ってくると思いますし、デジタル補正前提ではありますがかなり高品質なレンズが今後も発売されるのだろうと思いますね。そして、また新たな技術革新で、あまり気にしなくてもいい収差というのもでてくるのかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

FE 24-70mm F2.8 GM II
twitterで最新情報をチェックしよう!