RF14-35mm F4レビュー 全焦点距離で中央と画像端が非常にシャープ

RF14-35mm F4 L IS USM レビュー

・RF 15-35mm F2.8L IS USMの代わりとなる、より小さく、軽量で安いレンズとして、新しいf/4通しのバージョンはハイアマチュアやプロフェッショナルにとって完全に理にかなっている
・このレンズはf/2.8よりも大口径ではないかもしれないが、言うまでもないが、わずかに広い広角側の焦点距離と、大幅に低い価格と、多くの撮影者にとって携帯性が高まることは、より魅力的
・もしあなたが常に建築物や自然を撮影している撮影者であるならば、RF 14-35mm F4 IS USMは少しも悩むことはない
・より標準的な35mmという焦点距離は、歩きながらのスナップ撮影も検討する価値がある
・このレンズはEOS R5の優れたパートナーで優れた画質を提供するコンパクトなレンズ
・全焦点距離で中央と画像端の両方とも非常にシャープ
・f/2.8よりも浅い被写界深度は得られないが、レンズは小さく、軽量で安価
・色収差はほぼなく、歪みはよく制御されている
・逆光時のフレアもあまりない
・光学的な問題は14mmで明白なケラレ

PHOTOGRAPHY BLOG

RF14-35mm F4 L IS USMのレビュー記事が掲載されています。レビューの内容的には全般的に好意的な内容が多く、f/2.8ではないが、軽く小型で価格が安く、しかも画質がいいということのようですね。

現在のRF14-35mm F4 L IS USMの最安値は21万2850円となっています。これに対して比較対象となるRF15-35mm F2.8 L IS USMは30万1799円が記事執筆時点の最安値となっていて、確かに10万円ほどの価格差がありますので、f/2.8にするかf/4にするか迷うような価格差ではありますよね。

さらにレンズの大きさや重量は以下のようになっています。

・RF14-35mm F4 L IS USM 約84.1mm×99.8mm 約540g
・RF15-35mm F2.8 L IS USM 約88.5×126.8mm 約840g

キヤノンWebサイト

これをみると、f/4はf/2.8より一回りぐらい小さなサイズを実現していて、しかも300gほど軽いということですので、かなり携帯性が向上しているのは確かなようです。

プロフェッショナルな皆さんはf/2.8を選択するのだと思いますが、コスパを考えると一般ユーザにとっては14-35mm F4のほうが魅力的かもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!