Nikon Z 9レビュー “光学ファインダーの衰退が加速しても驚かないレベル”

Nikon Z 9レビュー

もはやOVF。感動的な出来のEVF

撮影時に感心したのはEVF(電子ビューファインダー)の覗き心地。大げさではなく、これはもうOVF(光学ビューファインダー)だ。木漏れ日などを覗くとちゃんと眩しく表示される。表示の滑らかさと遅延の少なさ、自然な覗き心地などは、これまでの光学ファインダーを備えるフラッグシップモデルから乗り換えても違和感がないか、むしろクリアに見えるので印象は良いかもしれない。

劇的な進化が感じられるAF

とても感心したのは3D-トラッキング。AFモードを「AF-C」にしてAFを開始させてから大きくフレーミングを変化させても画面の端まで追従し、なおかつ強力に掴んでくれるので撮影スタイルが一変する可能性を秘めている。ピント精度についても申し分なく、連写と併用すれば非常に効率的に撮影を進めることが出来そうだ。

デジカメWatch

デジカメWatchでNikon Z 9のレビューが掲載されています。かなり長文なレビューなので興味のある人はぜひ上記の記事元リンクから全文をご覧いただくことをお勧めします。

劇的に進化したAF

レビューでは、EVFはもうOVFとほぼ同じで、表示もなめらかで遅延も少ないとしています。一眼レフから乗り換えても違和感がないどころか、むしろクリアに見える可能性すらあるようですね。そして、3Dトラッキングも優秀で、フォーカスポイントが被写体に追従する能力が高く、それは撮影スタイルを変化させる可能性があるほどだとしています。

この状況をみると、完全にデジカメはレンズとセンサーがついたコンピュータのようになっていることがわかりますね。カメラに特化しているとはいえ、相当計算能力の高いイメージプロセッサを搭載し、様々な演算を行って被写体を認識したり、動画へエンコードしたり、様々な処理をしているのだろうと思います。

ニコンにしては珍しくメカシャッターを廃止するなど保守的な選択をしていないカメラがNikon Z 9だと思うのですが、今後は主力機種となるであろうNikon Z 6IIとNikon Z 7IIの後継機種について、なるべく早めに提供してもらって、キヤノンとソニーに続いて欲しいと思いますね。

ただ一つだけ心配があります。Nikon Z 9になって無くなったメカシャッターやレフ機構は、とても精密な製造技術が必要で、これがなくなるとすると他のメーカでも部品の寄せ集めで簡単によりよいカメラを作ることができてしまう可能性があります。

例えば、最近は車でもEV専門で参入するメーカがありますが、これも製造が難しいエンジンを作る必要がなくモーターを購入して組み込めば完成するからです(そんなに簡単なものではありませんが)。

そうなると他のメーカが簡単に参入できる市場になってしまう可能性もあるので、カメラメーカとしては参入障壁が高くなるよう、いまのうちに技術を高めておく必要があると思います。

[template id=”4241″]

「Nikon Z 9レビュー “光学ファインダーの衰退が加速しても驚かないレベル”」への1件のフィードバック

  1. ちょっとEVFは絶賛し過ぎのように感じます。
    そもそも光学ファインダーを崇拝し過ぎというか、何枚もの硝子越しに世界を見てるわけで、しかもF値によって暗くなってしまうわけで、光学ファインダーが明確にEVFより優ってるのって”遅延のなさ”と”滑らかさ”ですよね(あとは電力がいらない)。
    それ以外のほとんどはEVFのほうが便利なわけでZ 9のEVFは”遅延の少なさ”は抜群ですが”滑らかさ”はソニーα1の240fpsモードがエゲツないです。
    しかしZ 9のEVFがこれだけ絶賛されるならEVFに求められるのは解像度や滑らかさ(fps)はもう十分で”遅延の少なさ”が何より大事ということになりますね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top