SAMYANG 天体写真向けAF 24mm F1.8 FEを正式発表

SAMYANG AF 24mm F1.8 FEを正式発表

この新しい小型レンズは、風景および天体写真向けに設計されました。コンパクトで軽量な上、最小限に抑えたコマ収差や短い最短撮影距離により、昼夜を問わずに撮影を楽しめます。 本レンズは、小型設計ながら開放F値1.8の大口径レンズで表現される自然で美しいボケはスマートフォンとは比べられない素晴らしい画像を提供します。 フォーカスホールドボタンやLEDインジケータという新機能により、夜景や星空の撮影に適した特別なユーザビリティを提供します。

天体写真のための傑作品

サムヤンの新しいTinyレンズを通じて、天体写真の達人になれます!
1. 球面収差やコマ収差を最小限に抑えた設計により、高解像性能を表現
2. ワイドなスペクトルで撮影できる24mm広角単焦点レンズ
3. カスタムモード及びLEDインジケータ ‐ 夜景や星空の撮影に適した新機能

SAMYANG AF 24mm F1.8 FE製品ページ

先日から海外の噂サイトで報告されていた、サムヤンの天体撮影専用レンズですが、さきほど正式に発表されたようです。

天体写真向けの機能としては、撮影時にカスタムモードに設定すると、自動的にフォーカスが無限遠に移動して、天体写真の撮影をサポートすることができるようですね。

また大口径レンズであることから、昼間の撮影でもボケが期待できるとし、静粛性もあるので動画にも向いているとしています。

このレンズはソニーのフルサイズセンサー用のEマウントレンズということで、またソニー用のレンズは充実することになりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「SAMYANG 天体写真向けAF 24mm F1.8 FEを正式発表」への2件のフィードバック

  1. LEDインジケータはいらないような気もします。
    星夜写真はライブビューで10倍に拡大してピント合わせを
    しますがそれで事足ります。
    余計な機能を搭載せず値段を安くと考えてしまいます。

    1. 星夜写真は星野写真でした。
      変換ミスを見落としました。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top