パナソニック LUMIX S1/S1R/S1H/S5の新ファーム発表 動画性能向上

S1/S1R/S1H/S5の新ファーム発表

パナソニックがS1/S1R/S1H/S5の新ファーム公開を告知しています。

パナソニック株式会社は、フルサイズミラーレス一眼カメラ LUMIX Sシリーズにおいて、動画性能などの機能向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを開始します。DC-S1Hは2021年3月31日(水)より、DC-S1/S1R/S5は2021年4月6日(火)よりダウンロードが可能です。
本サービスにより、多様なフィールドで映像制作を行うクリエイターのワークフローに寄り添い、ミラーレス一眼を活用した映像制作の幅をますます拡げる提案をしていきます。

【1】DC-S1Hの動画記録性能強化

● Blackmagic Design社製レコーダー「Blackmagic Video Assist 12G HDR」へのHDMI経由での動画RAWデータ出力に対応し、「Blackmagic RAW」記録が可能

カメラ本体からHDMI経由で、Blackmagic Design社製レコーダー「Blackmagic Video Assist 12G HDR」へ、5.9K、4K、アナモフィック(4:3) 3.5Kの12bit動画RAWデータをHDMI出力できるようになりました。これにより、フルサイズミラーレスカメラとして業界で初めて(※1)5.9Kサイズの「Blackmagic RAW」記録が可能となり、撮影後にBlackmagic Design社製ソフトウェア「DaVinci Resolve Studio」ですぐに編集できるなどポストプロダクションへの対応力を強化し、映像制作のワークフローを強力にサポートします。
※1 2021年3月31日ファームウェアアップデートのダウンロードサービスを開始予定。

● 動画RAWデータ出力時のビューアシスト対応

動画RAWデータ出力中に、DC-S1Hのモニターやファインダーで映像を確認することができます。V-Log撮影時に相当する映像を確認できるほか、「V-Logビューアシスト」機能を使えば、プリセットのVlog_709のルックアップテーブルを適用した「LUTビューアシスト(モニター)」機能での映像確認ができます。

プレスリリース

上記はS1Hに関する変更内容です。その他のカメラに関しては記事元リンクからご覧ください。

今回のファームウェアアップデートは、主に動画機能の向上がメインで、外部記録機器にRAW録画できるようになったり、新たな解像度で保存できるように改善されているようですね。S1シリーズは動画撮影に関して力を入れている機種ですので、パナソニックとしても力を入れているのだと思います。

最近はYoutubeなどでの配信が当たり前になりミラーレスで動画を撮影するシーンをよく見るのですが、今後は動画機能の向上が売れるミラーレスとして当然必要な機能となっていきそうですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top