デジカメ時代になぜかフィルムケースが売れている その理由とは??

フィルムケースが人気

フィルムカメラのフィルムを保存しておくフィルムケースがなぜか大人気になっているようです。なぜデジタル時代のいま、フィルムケースが人気になっているのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

しかし、今も一定のニーズがあるのが「フィルムケース」だ。22年8月31日、J-CASTニュースの取材に答えた40代の男性は、500円玉を入れておく「コインケース」として30年以上前から活用していると説明。「プラモデルの塗料入れ」としても使っているという。また、ツイッター上では「裁縫用具入れ」や「旅行用の粉洗剤入れ」などの用途で、ケースを活用という声が聞かれた。

こうしたニーズを意識したかどうかはわからないが、フリマアプリ「メルカリ」では「10個680円」「40個1300円」などの値段設定で、フィルムケースが大量出品されている例もある。

J CASTニュース

記事によれば、フィルムを保存しておくフィルムケースがなぜか今でも重宝され使い続けられているようです。いまのカメラといえばフィルムカメラはもうほとんど使われておらずデジカメが主流になっているのですが、なぜフィルムケースが利用されているのでしょうか?

これは想像になりますが、かつては簡単に安くプラスティックの保存用のケースを手に入れることは難しかったのではないでしょうか?今でこそ100均などにいけば、様々な形状のプラスティックケースや食品用のプラスティック容器などがあるのは普通です。また、各種様々なチャック付きのビニール袋などがあり、薬や細かい部品なども小分けするのは簡単になりました。

しかし、かつてはそのような製品はなかったので身近にあるケースで密閉できる容器として考えると、カメラのフィルムケースが重宝がられたという側面があるのだと思います。

では、なぜ今もフィルムケースが?

しかし、そうなると一つの疑問が発生します。いまは100円ショップや包材専門ショップなどで、ブラスティックケースのようなものは、非常に多くの形状のものが発売されています。そのような状況で、いまなぜフィルムケースなのでしょうか?

これも想像ですが、フィルムケースは様々な用途に利用できるジャストサイズだったという可能性が高いのではないのかなと思います。チャック付きビニールでは横に寝かせる形の保存になりますが、フィルムケースは立てて保存できるので、どこに何があるのか選択するのが容易です。

さらにプラケースも小さいとなくしてしまうものですが、フィルムケースは容量的にもベストで、小さすぎず大きすぎずというベストバランスになっているのではないかと思いますね。

カメラ用のフィルムの需要は低下していますが、フィルムケースの需要はあるというのはなんとも皮肉ですが、利便性の高い商品はいつの時代も世の中に受け入れられるということなのでしょうか?

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「デジカメ時代になぜかフィルムケースが売れている その理由とは??」への2件のフィードバック

  1. フィルムケースは小物入れに便利ですね。
    もう退職しましたが仕事場の机の中には沢山並んでいました。
    部品で買ったコイルスプリング、板バネ、M2程度のキャップスクリューなど少量の
    小物部品を注文するとポリエチレン袋で届くので移し替えて保管していました。
    機密性があるのもいいですね。
    部品で買ったLED、マイクロスイッチ等様々な物を入れていました。
    シャツの小さいボタンの保管にも良さそうです。
    昔は金属缶でした。

  2. フィルムケースは、そのまんま、模型用の塗料保存瓶として売ってますね。
    「押すだけフタ 塗料ボトル」って商品名で。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。
が付いている欄は必須項目です