トキナー APS-C用atx-m 11-18mm F2.8 Eを発表 f/2.8通しの超広角ズーム

ケンコー・トキナー 11-18mm f/2.8を発表

ケンコー・トキナーが超広角大口径ズームレンズを発表しました。

トキナー伝統のF2.8超広角ズームが、ミラーレス専用設計で登場!大幅な小型・軽量化を実現。

APS-C一眼レフ用交換レンズ「Tokina AT-X 116 PRO DX」以来、多くのユーザーが愛用するトキナーのF2.8超広角ズームレンズ。
このたびatx-mシリーズの一つとして光学系を一新し、APS-Cミラーレス機に最適な小型・軽量化を実現した「atx-m 11-18mm F2.8 E」を発売いたします。 トキナーならではの、低歪曲と美しいボケ味を実現。
夜景・星景撮影や広角スナップ撮影の他、ジンバルを使った動画撮影などにも最適です。

希望小売価格:¥104,000(税別)
[2022年10月14日発売]

焦点距離11-18mm
明るさF2.8
フォーマットAPS-C
最小絞りF22
レンズ構成11群13枚
コーティングマルチコーティング
画角104.3°~76.7°
フォーカス方式インナーフォーカス
フィルターサイズ67mm
最短撮影距離0.19m/0.3m
マクロ最大倍率1:9.2/1:12.4
絞り羽根枚数9枚
最大径Φ74.4mm
全長74.1mm
重量355g
付属品バヨネットフード BH-674、レンズキャップ
対応マウントソニーEマウント
JANコード4961607640456

ケンコー・トキナーWebサイト

ケンコー・トキナーがTokina atx-m 11-18mm F2.8 Eを発表しました。APS-C用のレンズでソニーEマウント用が発売されます。発売日は2022年10月14日で、希望小売価格は税別で10万4000円としています。

APS-C用のレンズですので換算では16.5-27mmというレンズになり全焦点距離でf/2.8を実現しているということで、超広角レンズとしてはすごいレンズだなと思います。

さらに価格は10万円強という価格なので、大口径の超広角レンズとしては、かなり価格的に魅力のあるレンズだと思いますね。動画撮影にも向いているのではないかと思います。

あとは画質がどの程度か?ということですが、これはレビューをまたないとわからないので製品レビューが楽しみです。

Related Posts

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!