タムロン ついにZマウント用レンズを開発発表!! Zレンズ市場へ参入

タムロンがZマウント用レンズを発売

タムロンがNikon Zマウント用の交換レンズを発売することが明らかになりました。どのようなレンズなのでしょうか?それではみてみましょう。

タムロン初の「ニコン Z マウントシステム」対応レンズ
手軽に望遠300mmを楽しめる、世界最小・最軽量※1)望遠ズーム

「70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (Model A047)」

総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、弊社初となる「ニコン Z マウントシステム」対応、35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ対応の望遠ズームレンズ、「70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (Model A047)」(以下Model A047)の開発を発表します

商品名70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD (Model A047)
ニコン Z マウント用 (35mmフルサイズ対応)
発売日2022年秋発売予定※2)
希望小売価格未定

製品特長

1.コンパクトな望遠ズーム

Model A047は、ミラーレス専用設計や望遠側のF値をF6.3 と設定することなどにより、フルサイズ対応ミラーレス用望遠ズームレンズとして世界最小・最軽量の長さ150.3mm、最大径φ77mm、質量580gを実現。本格的な望遠ズームレンズならではの圧縮効果と引き寄せ効果を、これまでになく気軽に体験することができます。また、極力荷物を軽量化したいという方にもおすすめの1本です。風景やスポーツ、鉄道、航空機だけでなく、ポートレートやスナップといったより身近な被写体でも望遠撮影を楽しめます。

2.優れた光学性能と機動性

Model A047は最新の設計技術による徹底したシミュレーションに基づく光学設計で、コンパクト性と高画質の両立に成功しています。LD (Low Dispersion: 異常低分散)レンズを適切に配置した10群15枚のレンズ構成は、望遠レンズで発生しやすい軸上色収差をはじめとした諸収差を良好に抑制。特に望遠ズームレンズとして使用頻度の高い300mmは、画面の中心部から隅々まで高い解像性能を発揮します。また、反射防止性能に定評のあるタムロンのBBARコーティングの採用で、極めてヌケのよいクリアな画像をズーム全域において得ることができます。

3.ステッピングモーターユニットRXD

AF駆動には、レンズ位置を高精度に検出するセンサーとAF制御に最適化されたステッピングモーターユニットRXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)を搭載。高速かつ精緻なAF動作が可能なため、望遠レンズで撮影が想定される動きの激しい被写体に正確にピントを追従し続けることができます。また、静粛性にも優れていることから、コンサートホールなど静音が求められるシーン、あるいはレンズの駆動音が記録されやすい動画撮影などでも効果的に活用できます。

4.専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」

「ニコン Z マウントシステム」対応のModel A047では、独自開発された専用ソフトウェア「TAMRON Lens Utility」が使用可能です※3)。本機能を活用することで、カメラを通さずいつでも自分で手軽に最新ファームウェアへのアップデートができます※4)。ファームウェア情報の画面では、自分のレンズのバージョンが最新か確認でき、最新ファームウェアがある場合にはアップデートが可能です。
※3) コンピューターへの接続は「TAMRON Connection Cable」(端子形状:USB Type-A to Type-C/別売)をご使用ください。
※4) Model A047はフォーカスセットボタン未搭載機種のため、各種機能のカスタマイズは行えません。

5.レンズ鏡筒の主要箇所にシーリングを施した簡易防滴構造

レンズ鏡筒の可動部や接合部など、主要な箇所に防滴用のシーリングを配した簡易防滴構造を採用しています。

タムロンWebサイト

タムロン初のNikon Z用レンズの発売

タムロンが70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXDのZマウント用を発売すると発表しました。発売は今年の秋の予定で、価格は未定としています。このレンズは2020年にソニー用として発売されていたもので、そのままZマウントレンズ版として発売したということになります。

また、ニコンはすでにNIKKOR Z 28-75mm f/2.8というタムロンレンズをODMとして発売しており、Zマウント用のタムロンレンズとしては事実上の2本目のレンズということになります。

しかし、もしタムロンがZマウント用のレンズを発売するとしても、また同じようにニコンブランドで発売してしまえばよかったのではないでしょうか?なぜタムロンが自社の製品としてZマウント用のレンズを発売することになったのでしょうか?

可能性としては二つあると思います。一つは、ニコンがタムロンに仕様を開示して互換レンズを作ってもらっている可能性。この場合、仕様の開示や関連特許の使用の見返りに金銭が関係している可能性もありますが、ニコンのZマウントカメラの売れ行きから考えて、積極的にサードパーティーメーカに互換レンズを作って欲しいという思惑もあるかもしれません。

もう一つの可能性は、一部にニコンが設計した半導体部品などが使われていると思われるNIKKOR Z 28-75mm f/2.8とは異なり、完全にタムロンが独自にリバースエンジニアリングして自社で設計した半導体部品が使用されている”クローン”レンズである可能性です。この場合、ニコンとは関係なく自社製品として発売されたことになり、だからタムロンブランドでの発売ということになった可能性です。

というわけで、実際にはどうなのでしょうかね?ニコンが認めたものなのか、それともタムロンが独自にリバースエンジニアリングして開発したレンズなのか。そして、もしタムロンのみに仕様を開示しているのだとしたら、今後、タムロンから多くのZマウント用レンズが発売されることは間違いないと思います。

どのような製品が発売されるのか期待ですが、そのぶんニコンのレンズの売れ行きに影響を与えることにもなりかねませんが、このあたりはどのように考えればいいのでしょうね?

タムロンレンズの最新情報

[catlist template=”default” thumbnail=yes currenttags=all]

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXD
twitterで最新情報をチェックしよう!