ケンコー・トキナー 対角魚眼8mm F2.8 発表 ソニー/富士用APS-C

Tokina SZ 8mm F2.8 FISH-EYE MFを発表

APS-Cミラーレス機にフィットするサイズの対角魚眼レンズ「Tokina SZ 8mm F2.8 FISH-EYE MF」が発売

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区中野 代表取締役社長:山中 徹)は、APS-Cミラーレス機にフィットするサイズの対角魚眼レンズ「Tokina SZ 8mm F2.8 FISH-EYE MF」の販売を、2022年6月17日より開始いたします。

APS-Cフォーマットで対角魚眼、フードを外せばフルサイズで全周魚眼としても楽しめる、8mmマニュアルレンズ。魚眼レンズならではの歪みを活かした、迫力のある表現ができます。
小型軽量ながら、しっかりとした質感の金属鏡筒。スムーズな操作感、ピントリングも、ピントリングと同サイズに設定された絞りリングも、非常になめらかな動きです。
絞りリングはクリックがないため、スムーズな調整が可能で、動画にも対応します。

ケンコー・トキナーWebサイト

ケンコー・トキナーが、対角魚眼レンズのTokina SZ 8mm F2.8 FISH-EYE MFを発表しました。発売日は6月17日です。対応マウントはEマウントとXマウント用となっています。

現在、すでに価格.comで価格情報が掲載されていて、価格.comによれば、現在の最安値は4万7300円となっています。

魚眼レンズでf/2.8と大口径で、マニュアルフォーカスではありますが、5万円以下の価格で手に入るというのはコスパがいい製品ではないかと思いますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog