キヤノン EOS R5 Cの新ファーム公開 AF精度最適化、瞳検出の安定性向上ほか

EOS R5C

EOS R5 Cの新ファーム公開

EOS R5 C ファームウエア Version 1.0.1.1

ファームウエア変更内容
ファームウエアVersion 1.0.1.1は以下の改善を盛り込んでいます。

1. RF800mm F5.6 L IS USM、RF1200mm F8 L IS USMにエクステンダー RF1.4x、またはエクステンダー RF2xを装着したときのAF精度を最適化しました。(動画モード/静止画モード)
2. 人物の瞳検出の安定性を向上しました。(動画モード/静止画モード)
3. 動体撮影時のAFの追従性を向上しました。(静止画モード)

キヤノンWebサイト

キヤノンがEOS R5 Cの新ファームを公開しています。修正内容はAF精度の最適化、瞳検出の安全性の向上などで、撮影時のAFに関してメリットがかなり大きそうですので、さっそく導入したほうがいいかもしれませんね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R5C
twitterで最新情報をチェックしよう!