ソニー FE PZ 16-35mm F4 Gを発売延期 世界的な物流混乱で

FE PZ 16-35mm F4 G

FE PZ 16-35mm F4 Gが発売延期

デジタル一眼カメラ α Eマウント用レンズ
「FE PZ 16-35mm F4 G(SELP1635G)」発売延期のお知らせとお詫び

平素よりソニー製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

首記の件、2022年3月22日(火)のプレス発表時に発売日を『2022年4月28日(木)』としておりましたデジタル一眼カメラ α Eマウント用レンズ「FE PZ 16-35mm F4 G」に関して、世界的な物流遅延の影響により発売を延期させていただくこととなりました。新しい発売時期は2022年夏を予定しておりますが、確定次第改めてご案内いたします。

発売直前のご案内となり、発売を楽しみにお待ちいただいているお客様には、多大なるご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 一日でも早くお届けできるよう、最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

【対象製品】
デジタル一眼カメラ α Eマウント用レンズ「FE PZ 16-35mm F4 G」
【発売日について】
<2022年3月22日(火)発表時>2022年4月28日(木)発売 → 2022年夏発売予定

ソニーWebサイト

ソニーが以前に発表していたFE PZ 16-35mm F4 Gの発売を延期することが明らかになりました。フルサイズミラーレス用の広角パワーズームレンズで、新しい発売時期は2022年夏を予定しているとしています。今回の延期は世界的な物流遅延の影響ということです。

いま中国の上海では、大規模なロックダウンが実施されていて、上海沖にはコンテナを降ろすことができず多くのコンテナ船が停泊している状況だそうです。ソニーの部品が上海の港と関係あるかは不明ですが、上海沖に多くの船が停泊していたとしても、その次の製品を輸送することができませんので、上海だけでなく様々な港からの輸入に影響がでてくると考えられますね。

今回の物流遅延の影響も、これらの影響は受けている可能性がありそうです。

そうなると、中国のサプライチェーンに頼っている多くのメーカに様々な影響がでてくる可能性があるため、またしばらく何かしらの製品が品薄になってしまうことが考えられるかもしれません。

ちなみにOMデジタルは半導体不足の影響で、OM-1の供給不足を告知しています。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top