OMデジタル 旗艦機OM-1正式発表 オリンパスロゴ残る

OM SYSTEM

フラッグシップOM-1を正式発表

OMデジタルが、フラッグシップモデルとなるOM-1を正式発表しました。従来比3倍の処理性能のあるTruePic X、新しい画像処理アルゴリズムを採用し、従来のマイクロフォーサーズを超える画質を実現したとしています。また積層型の新しいセンサーを採用することで、ダイナミックレンジの向上、常用ISO感度の向上で高感度耐性も強くなったとしています。

イメージセンサーには、画素を4分割するクアッドピクセルAFを採用、1053点のオールクロス像面位相差センサーを搭載し、AF/AE追従最高50コマ/秒という高速連写性能を実現しているそうで、かなり連写性能が向上していることがわかります。

被写体認識性能もAIアルゴリズムの改良でかなり向上しており、E-M1Xの3倍の認識能力があるそうです。こちらもかなり進化しているようで、これまで「驚くようなカメラ」という表現がされていましたが、基本性能の高さは確かに驚くようなカメラといっても全然おかしくないなという印象ですね。

なお、発売は3月、店頭予想価格は27万3000円前後で、ボディ単体のみの発売となります。また予約は本日すでに開始されています。OM-1の製品ページはこちらです。

今回のオンライン発表については、Youtubeからご覧いただけますので、ライブでご覧になっていないかたは録画を見て頂くと面白いのかなとおもいます。

OM-1に残るオリンパスロゴも今後は不明

多くの人が気になっていたのが、以前に流出したOM-1と言われる製品画像には、ペンタ部にオリンパスのロゴが残っていたことから、本当にOM-1にオリンパスのロゴが残るのかどうか?ということでした。しかし、今回の正式発表でやはりオリンパスロゴが残っていることがあきらかになりました。個人的にはあり得ないと思っていたので、ちょっと驚きです。

なお、今後、オリンパスのロゴが残るのかどうかは不明と報道されています。

なおOMデジタルソリューションズでは、OLYMPUSのブランド表記を順次OM SYSTEMに切り替えていくと発表済み。本機にはペンタ部に“OLYMPUS”のロゴが残っているが、同社ではこれを「開発哲学としての“OLYMPUS”とOM SYSTEMのダブルネーム」と表現しており、今後の機種にもOLYMPUSの文字が残るかは不明。

-デジカメWatchより

今回のカメラ名のOM-1ですが、1972年7月に発売されたオリンパスM-1/OM-1と同じ名前のカメラということになります。もともと、35mmフィルムの一眼レフカメラをMシステム、その一つのカメラがM-1として発売されたのですが、ライカのカメラと名前が被るのでオリンパスのOをつけてOMシステム、OM-1として発売という経緯があるそうです。

今回、新しいフラッグシップモデルのカメラの名前としてOM-1という名前を付けたのは、その過去のOM-1発売時の精神に立ち戻るというような意味が込められているのかもしれません。そして気になるのは、今後のカメラにもオリンパスのロゴが残るのかどうかというところだと思いますが、これはさすがに微妙なところではないのかなと思っています。これは想像ですが、今年度、つまり3月31日までの発売分のカメラについてはオリンパスロゴを付けられる契約となっているのではないのかなと思うのですが、今後の機種にオリンパスロゴが残るのかどうかは不明ということで、どうなるのか心配なユーザも多いと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!