ソニー α 7IV “予想を大幅に上回る注文” 各社の供給不足製品まとめ

α7IV

α7 IVが予想を大幅に上回る注文

フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」(ILCE-7M4)の供給に関するお知らせ
平素よりソニー製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

2021年12月7日(火)より受注開始しましたデジタル一眼カメラ「α7 IV」(ILCE-7M4)は、弊社の予想を大幅に上回るご注文をいただいており、商品のお届けまでにお時間をいただく可能性があります。

現在できる限りお客様のご要望にお応えすべく鋭意努力しておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

ソニーWebサイト

ソニーがαIVが予想を上回る注文があることがあきらかになりました。プレスリリースによれば、大幅に上回るとしていて、商品を届けるまでに時間がかかる可能性があるとしています。

多くのカメラメーカが供給不足に

たぶん、これらの文章はもうテンプレのようになっていて、供給不足の原因は予想を大幅に超える注文で、その結果は商品を届けるまでに時間がかかる可能性があるというものです。この文章だけみると、大幅に上回るほどの予約が入るほどの製品ならば、あらかじめそんなことも予想できないのかとも思えます。

しかし、前述のように、これはテンプレとして形式的に記述されているもので、原因は恐らくですが半導体や部品などの供給不足により供給を増やすことができないというのが本当のところではないかと思います。

ところで現在、供給不足になっているカメラやレンズ(なる可能性のあるカメラやレンズ)にはどのような製品があるでしょうか?主なメーカについて調べてみました。

ソニー

・α7 IV
・ZV-E10
・α7 II
・α6400
・α6100
・ SEL20F18G
・SEL50F18F
・SEL50M28
・SELP18105

キヤノン

・EOS R3
・RF14-35mm F4 L IS USM
・RF16mm F2.8 STM
・RF100-400mm F5.6-8 IS USM
・RF400mm F2.8 L IS USM

ニコン

・Nikon Z 9
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
・AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
・NIKKOR Z 28mm f/2.8 (Special Edition)
・Z fc 28mm f/2.8 Special Edition キット

リコー

・RICOH GR III
・RICOH GR IIIx

タムロン

・35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058) ソニー Eマウント用
・28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063) ソニー Eマウント用
・18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD (Model B061) 富士フイルムXマウント用

この他にもあるかもしれませんが、ざっとみただけでもこれらの製品について供給不足の可能性を示唆するリリースが発表されています。また、この製品以外にも実際には、店舗に在庫がほとんどない製品もあり、実際にはもっと多くの製品が供給不足になっている可能性があります。

今回の新型コロナの影響もあると思いますが、半導体需要は新興国の発展などで確実に増加していて、それに対応する新しい工場の建設が追いついていないというのが半導体不足の実情だと思います。半導体工場は、通常は80%~90%ぐらいの稼働率で動いていて、残りの余力で飛び込み需要に対応しているのだそうですが、需要に対してタイトな供給能力しかないことが完全に裏目にでてしまっているという印象です。

カメラメーカとしては、売りたいのに製品が作れないという状況になっていると思いますし、折角、コロナ渦から需要が回復してきているのに利益につなげられないというのは、非常にもったいないとも思いますね。これがメーカの将来に影響を与えないことを祈りたいですね。

また、これらの供給不足になっている製品について、他のものがありましたら追記しますので、情報をおもちの方がおられましたらご報告いただけると助かります。

[template id=”4241″]