パナソニック LUMIX GH5II 新ファームを30日に公開 ライブ配信機能強化

GH5IIの新ファームを公開へ

ライブ配信をさらに手軽に楽しめる。ミラーレス一眼カメラ LUMIX GH5IIのライブ配信機能向上などに対応したファームウェア アップデートのダウンロードサービスを開始

パナソニック株式会社は、ミラーレス一眼カメラ LUMIX Gシリーズ「DC-GH5M2」において、ライブ配信などの機能向上に対応したファームウェアのダウンロードサービスを2021年11月30日(火)より開始します。
本製品は、「無線IPストリーミング機能」を搭載し、有線ネットワーク環境がない屋内外で一眼カメラならではの高画質なライブ配信を行う新たな利用シーンを提案してきました。
本サービスにより、ますます多様なシーンでのライブ配信に対応することで、ライブ配信を行うクリエイターのワークフローに寄り添い、ミラーレス一眼を活用した映像制作の幅をさらに拡げる提案をしていきます。

【1】ライブ配信機能の強化
●スマートデバイスとのUSBテザリング(RTMP/RTMPS)
●有線IPストリーミング機能(RTP/RTSP)
●選べるライブ配信フォーマット

【2】カメラ複数台接続に対応
●カメラ制御ソフトウェア「LUMIX Tether Ver.2.0」を用いてカメラ複数台接続での撮影
「LUMIX Tether Ver.2.0」を使用して、最大12台の対応機種を1台のパソコンから制御できます。
●カメラ制御ソフトウェア「LUMIX Tether Ver.2.0」経由のパワーズーム操作
「LUMIX Tether Ver.2.0」を使用して、パソコンからパワーズーム対応のLUMIX Gシリーズレンズを用いたズーム操作が可能です。

【3】静止画機能の追加
●ライブビューコンポジット

パナソニックプレスリリース

11月30日よりダウンロード開始

パナソニックがLUMIX GH5IIの新ファームを公開するそうです。公開日は11月30日です。上記のプレスリリースのリンクからダウンロード可能ですので、詳しくはそちらをご覧ください。

変更内容は主にライブ配信機能の強化で、スマホとUSB接続してのライブ配信が可能になったり、パソコン(ローカルネットワーク)とLANケーブルで接続することで有線LANケーブルを経由したストリーミングも可能になるとしています。

これまではWiFiでスマホと接続する必要があったのですが、スマホとの有線接続やルータやハブへの有線LANケーブル接続によって、より安定したデータの通信が可能になるということのようです。嬉しい機能向上です。

また有線接続で帯域が広くなったため、これまでFullHDの動画配信だけだったものが、有線接続の場合には4k 60pまでのライブ配信が可能になるとしています。ライブ配信するビデオブロガーやYoutuberには嬉しい機能だと思いますね。

リモートワークなどでカメラをWebカメラとして利用して、よい動画を送信したいという人も多いと思いますが、そのような人にはいいファームアップですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top