ニコン Z 5/Z 6/Z 7/Z 50新ファーム公開 FTZ II対応、瞳AF性能向上

ニコン Nikon Z 5/Z 6/Z 7/Z 50用新ファーム公開

• 以下の製品に対応しました。
– マウントアダプター FTZ II
– NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
• 動画撮影時に HDMI に対応した外部レコーダーを使って N-Log や RAW 動画を記録する場合、低輝度時に画面のちらつきが生じにくくなりました。
• [オートエリア AF]と[ワイドエリア AF(L)]の瞳検出の性能が向上しました。
• 瞳 AF / 顔検出 AF、およびターゲット追尾 AF 中にライブビュー表示するフォーカスポイントの更新速度が向上しました。
• 別売スピードライト使用時の瞳 AF / 顔検出 AF 性能、被写体の視認性が向上しました。
• 以下の現象を修正しました。
– [静止画撮影メニュー]>[ピクチャーコントロール]を[オート]にしたときにフリーズする場合がある。
– [動画撮影メニュー]>[ISO 感度設定]の[制御上限感度]で設定している上限感度を超えてしまう場合がある。

Nikon Z 7用ファームウェア
Nikon Z 6用ファームウェア

 

• 以下の製品に対応しました。
– マウントアダプター FTZ II
– NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
• 別売スピードライト使用時の瞳 AF / 顔検出 AF 性能、被写体の視認性が向上しました。

Nikon Z 5用ファームウェア
Nikon Z 50用ファームウェア

主な変更点としてはFTZ IIに対応したことと、Z 24-120mm f/4 Sに対応したことと、瞳AFなどの性能向上などがあげられそうです。

FTZ IIに対応するため新ファームが必要ということはわかるのですが、Z 24-120mm f/4 Sの対応に関してはレンズの何が影響しているのでしょうかね。実際にZ 24-120mm f/4 Sにのみある特徴的な機能を調べてみたのですが、何が理由なのかはよくわかりませんでした。何かしらの特殊な機能があるのでしょうか。

そして、FTZ IIに対応した新ファームになることで、サードパーティ製の、例えばEマウントレンズをZマウントレンズで利用するためのマウントアダプタなどが利用できなくなる可能性が高いと思われます。なのでサードパーディー製のAF可能なマウントアダプタを利用している人は適用に注意が必要です。

[template id=”4241″]