Nikon Z 9はソニーα1、キヤノン EOS R3を超えたのか??

Nikon Z 9で気になった主な特徴

ニコンがNikon Z 9を正式発表しました。オンライン発表という形で発表されたわけですが、多くの人からは概ね好意的に受け取られていた印象です。あまりに多くの新機能や特徴があってなかなかまとめきれない感じがするのですが、とりあえず、現時点でわかったことをまとめてみたいと思います。

画素数は4571万画素で確定

ニコンのNikon Z 9製品ページの使用から、有効画素数が4571万画素であることは確定です。この画素数は前から噂されていたのと同じですね。

19種類の被写体を追尾可能

被写体の追尾能力については、これまでも噂がありましたが、Nikon Z 9は静止画と動画に関わらず世界最多の19種類の被写体検出が可能としています。その内訳は、人物、犬、猫、鳥、車、バイク、自転車、列車、飛行機としています。

背面液晶は4軸チルト

これまで噂になっていた背面液晶については3軸チルトではなく、4軸チルトであることが明らかになりました。より稼働範囲が広がったということになります。

3Dトラッキング機能を搭載

一眼レフカメラで採用されていた3Dトラッキング機能をNikon Z 9で、Zシリーズで初めて搭載したとしています。さらにAIによるディープラーニング技術により被写体の検出技術が向上しているそうです。

遅延のないEVFを実現

EVFについては、これまでブラックアウトすることを擬似的に防止する従来のブラックアウトではなく、実際に被写体の動きをそのまま表示する本当のブラックアウトフリーに対応しているとしています。

そのシステムはReal-Live Viewfinderと呼ばれ、実際にメモリカードに保存する画像データと、EVFに表示するデータを別々に処理することで、ブラックアウトや表示遅延という問題を解決しているようです。これが4本目のティザー動画で主張したかった内容なのかもれません。

メカシャッターレス

そして、これも驚きですが、Nikon Z 7 IIと比べて12倍の高速読み出しが可能になったことで、メカシャッターが不要になり、ローリングシャッター歪みを極限まで低減させたとしています。そのためメカシャッターがなく、事実上、完全に無音で撮影できるというカメラになりました。

優れた連写性能

Nikon Z 9では、以前から噂されていたようにAPS-Cサイズの約11メガピクセルの静止画撮影で120コマ/秒を実現しているようですが、4500画素でも約30コマ/秒で撮影できる機能もあるようです(何かしらの制限事項があると思いますが、そのあたりはわかりませんでした)。

長時間録画できる動画性能

動画機能においては、8k 30pの内部記録で最長125分の録画に対応しているとしています。以前の噂では8k 60pということだったと思うのですが、このあたりはちょっと違ったのでしょうかね?

フラッシュ同調シャッター速度は最高で1/250秒以下

Nikon Z 9の仕様には、以下のような記述があり、シンクロ速度は最高で1/250秒以下は確定です

1/250秒または1/200秒以下の低速シャッタースピードで同調(1/200~1/250秒はガイドナンバーが減少)。1/8000秒までのシャッタースピードでオートFPハイスピードシンクロ可能

ニコンのフラッグシップに相応しいモデルなのか

というわけで、ざっと発表されたNikon Z 9の仕様を追ってみました。間違って解釈したり記述していた内容があったらごめんなさい。ただ、基本的にはこれまでの噂通りでありつつも、それを上回るような性能もあったりするのかなと感じています。

オンライン発表会で情報をシェアしている人では、かなり好意的な意見の人が多かったようで、実際にはレビューを待つ必要がありますが、ニコンはかなり頑張ったなというように感じています。

Nikon Z 9と同等の機種としてソニーのα1、キヤノンのEOS R3が発表されているわけですが、これらの機種と比較してNikon Z 9に関して皆さんはどう思いますか?対抗できる性能となっているのでしょうか?

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!