ソニー α7 IV正式発表 動画機能充実で2500ドル 国内発表は後日

ソニーα7 IVを海外で正式発表

ソニーが昨夜、ソニーのYoutubeチャンネルでα7 IVに関する動画を公開し、正式発表しました。内容的にはほとんどすでに噂されていた内容と同じで、静止画と動画のハイブリッドカメラとなっているようです。またWebカメラとしても利用できるようになっており、最近のリモートワークに対応した作りになっているようですね。

気になる価格は本体のみで2500ドルということですので、記事執筆時点の為替レートで換算すると、約28万5000円ということになります。ちなみに現在のα7 IIIの最安値は19万1700円で、初値は22万3295円ですので、約6万円ほど高い計算になります。ただ、アメリカなど日本国外は日本国内より高くなる傾向があるので、若干の値上がりという感じかもしれませんね。

日本国内でも発売予定

海外で発表されたα7 IVですが、国内発表はまだです。そのためかソニーは以下のプレスリリースを発表しています。

2021年10月21日

ソニーマーケティング株式会社

お客様各位

フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」等について
平素よりソニー製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

海外にて発表させていただきましたフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」、フラッシュ「HVL-F60RM2」、「HVL-F46RM」、および関連アクセサリー「PCK-LG2」は、日本国内でも発売を検討しております。

準備が整い次第、詳細をご案内させていただきます。

ということで、いずれ国内でも正式発表、そして製品の発売ということになると思いますね。ただ「発売を検討」という表現が気になりますね。発売しない可能性なんてあるのでしょうか?ソニーはすっかりグローバル企業になっていまったので、国内発表より海外発表を優先することが多くなりましたが、ちょっと寂しい感じもします。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!