ニコン シンガポール子会社2社を統合 経営効率化で

ニコン シンガポールの子会社2社を合併

ニコンは7月1日、シンガポールの子会社2社を合併し、同日付で新体制での営業を開始したと発表した。

カメラや顕微鏡、測定機などの販売・サービス、半導体露光装置の保守サービスを行うニコン・シンガポールを存続会社とし、財務・経理・法務・税務の管理を行うニコン・アジアパシフィックを合併。経営・業務の効率化を図る。

AsiaX

ニコンの子会社合併に関する情報が報道されています。記事によれば、ニコンがシンガポールにおける子会社2社を合併し、一つの会社として営業を開始していくそうです。

恐らくニコンはカメラ市場の縮小などを受けて、できるだけ利益が出せる体制にしようとしているのでしょうね。重複している部門などを統一することで無駄を無くそうとしているのだと思います。

なんで管理部門と営業/保守部門が別々の会社になっているのかわかりませんが、管理部門のアジアパシフィックがシンガポール以外のアジアの国の管理も行っていたか、現地の代理店や合弁企業との兼ね合いで、別々にせざるを得なかったのでしょうかね。

よくわかりませんが、今後も同様の重複する部門を統合したり、あまり売れ行きがよくない国からは撤退するといったことが増える可能性もありそうです。合理化はいいことだと思いますが、少し心配になりますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top