ニコン “従来の機種展開ではニーズを満たせない。用途に応じたカメラを作る”

ニコンへのインタビュー記事が掲載

――今回の報道に対する反応を見ていると、ニコンのユーザーには、ニコンに変わってほしくない層と、大きく変わってほしいと思っている層に分かれていると感じました。それぞれ、どういった点がそのような思いを生んでいると思いますか?

大石「カタログスペックに表れる基本性能に加え、ニコンでは長くカメラを作り続けてきた経験から、お客様がカメラを手にしたときに伝わる『感覚性能』とでも言うべき、使う際の心地よさにもこだわりを持った企画、開発を行っています。基本性能は、もちろん大切なのですが、触ってわかる信頼感や安心感は一朝一夕には生み出せません。そうしたツールとしての完成度は、これまでニコンのカメラを使って頂いているお客様に向けても変えてはいけない部分と考えています。一方でお客様がカメラに求めるニーズは時代とともに日々変わっていて、自撮り動画をより簡単に撮影したいというニーズをはじめ、動画と静止画を問わず様々なニーズがあり、それぞれの用途に応じて使いやすい機材が求められているのではないかと考えています。従来のような上位機種の機能を下位機種に展開していくモノ作りではカバーしきれないこれらのニーズに応えるために、各商品をどのような特徴を持たせ仕上げていくかが私たちの命題です」

GetNaviweb

GetNaviwebがニコンとのインタビュー記事を掲載しています。インタビュー記事は長文ですので、全文は記事元リンクからご覧ください。

インタビューの内容で気になったところを軽く引用してみます。

・新型コロナの影響で売り上げが落ち込んだ
・新型コロナでマクロレンズの売り上げが伸びた
・オンラインイベントの活用に手応えを感じるが、実際に機材を試してもらえないのは残念
・ニコンのカメラ事業撤退情報で、多くの心配する声があることを実感した

新型コロナで様々なオンラインイベントを開催したり、Webカメラとして利用してもらうことなどが増えて、オンラインでカメラを利用することについて、様々な可能性を感じているようですね。今後はカメラを直接、PCに接続したら、特別なソフトや設定なしに、そのまま高画質の撮影が可能なWebカメラとして利用できるようなカメラが増えるといいなと思います。

特定用途に特化したカメララインナップに?

このインタビュー記事で気になったのは、上記で引用した内容です。インタビューでは、ニコンユーザには、今のニコンに変わって欲しいという人々と、変わって欲しくないという人々がいることに関して、感想を聞かれています。

その回答としては、使ってわかる信頼感や安心感は残さないといけない部分としながらも、カメラに対してのニーズは多様化しているということで、それに応じた機材が求められているとしています。なので、以前のような上位にフラッグシップがあり、その最上位の技術が年月とともに下の機種に下りてくるようなモデルラインナップのヒエラルキー的なものではカバーすることができなくなっているとしていますね。

ということは、恐らくですが、低解像度でも高連写モデルとか、静止画撮影モデルとか、動画や高感度耐性に特化したモデルとか、高解像度モデルなど、特定の用途に刺さるようなカメラのラインナップづくりをしていくということなのでしょうね。

そうなるとミラーレスカメラのラインナップについては、以前の一眼レフのようなラインナップではなく、様々な特徴のあるカメラが様々ラインナップされる可能性があるので、どのようなカメラが発売されるのか非常に興味のあるところです。

[template id=”4241″]
Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!