キヤノン 2020年イメージ事業の利益が前年を上回る EOS R5のおかげ??

(記事を一部引用しています)
(記事元)https://global.canon/ja/ir/conference/pdf/conf2020j.pdf

キヤノンが決算短信を発表

キヤノンが2020年第4四半期の決算について発表しています。画像クリックで拡大します。

発表によれば、カメラ事業については、前年よりマイナス25%ほど売上げが落ち込むという、大幅な落ち込みをしていることがわかります。これは言うまでもないことかもしれませんが、新型コロナウィルスの影響が大きいと思われますね。

ですが、逆にインクジェットプリンタり実績は前年で10%以上も伸びていることがわかります。これは新型コロナウィルスの影響で、テレワークやリモート授業が行われたことで、宿題などでどうしても紙だしが必要だったりして、家庭で利用するプリンタの需要が一時的に高まったことが原因だと考えられているようです。

EOS R5とEOS R6が利益を牽引?

数値を見誤っていたら申し訳ないのですが、2020年実績が2019年の実績より10%以上の約900億円ほど減収ということになっているのにも関わらず、2020年の営業利益が2019年の営業利益よりも約50%の約200億円も増えていることに驚きました。

インクジェットの売上げは伸びていますが、それも対前年で11%ほど過ぎているだけですので、それで営業利益が50%も増えるというのは、ちょっと考えにくいのかな?と感じています。

ということは、カメラの販売そのものは対前年の75%しか売れていないということですが、EOS R5とEOS R6が非常に高粗利の製品で、しかもユーザに受け入れられ、かなり売れているということで、利益率が改善し、営業利益もかなり増えたということになるのでしょうかね?

そう考えると高付加価値で高価格、高粗利の商品がヒットすると、かなり収益的にもメリットがあるのだな?とこれをみて思いました。

EOS R5はたぶん今後も既存のキヤノンユーザの一眼レフからの置き換えとして売れると思いますし、収益的にも安定するのかもしれません。ですが、ソニーがα1を発表してプレッシャーがかかる状況ですので、今後がどうなるか楽しみです。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!