ニコン “ミラーレスに集中 高付加価値製品に特化 巻き返す自信ある”

・資源を集中投資して10年先を見据えて投資していく
・当面はミラーレスに集中
・出遅れたが2年で6機種発売し、まずまずの出だし。巻き返す自信はある
・レンズ口径が大きく、大口径マウントは重要な差別化要素
・映像事業のV字回復を目指す

(記事を一部まとめて引用しています)
(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/58940da439a84b9c35d1181f980fbb269c9ff506

他社と差別化してV字回復を目指す

東洋経済ONLINEがニコン経営陣とのインタビュー記事を掲載しています。記事は長文で、まとめた箇条書きでは、言葉のニュアンス的なものもよくわからないと思いますので全文を記事元リンクからご覧になることをお勧めします。無料会員登録で閲覧が可能です。

記事では様々なインタビューがあり、まとめると上記のような内容になるのですが、比較的に楽観的な内容が多いのかな?という印象です。

特に大口径の高いレンズばかりだし、2年で6機種を発売とはいえZ 6IIとZ 7IIは旧機種の焼き直しに近い形での新製品なので、そのあたりの方針に不満を感じている人はかなり多いように思いますが、どうなのでしょうか?

高付加価値商品特化に方針変更

気になるのは文章をみると、高付加価値商品に特化していくこと、プロフェッショナルユーザに寄り添う姿勢はかわらないというような記述があることですね。

特に気になったのは「2019年秋から方針を転換し、いたずらに数を追わず、高付加価値モデルに特化している」という記述です。このことから廉価な製品は作らずに、高い粗利が得られる商品に特化していくことが明確になりました。

ということは、先日、「旧製品」入りしたNikon D5600、D3500などの廉価製品の後継機種はもう発売されないということになるのでしょうか?それとも一眼レフは終了で廉価なミラーレスに置き換わることになるのでしょうか?

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog