海外の若者に20年前のコンデジ流行 COOLPIX検索90%増加のなぜ??

いま若い人に20年前のコンデジが流行

海外では若い人に古いコンデジが再流行しているという記事がありました。ちょっと興味深かったので紹介したいと思います。なおアイキャッチ画像はデジタルカメラのイメージ画像です。

スマートフォンと比較すると、古いデジカメは画素数が少ないため、被写体の質感を詳細に捉えることができず、また、内蔵レンズの口径が大きいゆえに光を取り込むことができない。これらの理由で「写真のクオリティ自体は低くなる」が、この粗さが「スマホにはない魅力」として、若者たちを魅了しているのだと、同紙は説明している。

(中略)

特にZ世代が好んでいるのは、オートフォーカス機能のついたデジカメよりも、それ以前のデジカメで、「多くはすでに製造中止となっているため、彼らは中古サイトで探している」。 「ニューヨーク・タイムズ」によれば、eBayでの「デジタル カメラ」の検索は2021年から2022年にかけて10%増加しており、特定のモデル、たとえば「Nikon COOLPIX」の検索は90%も増えているという。

記事を一部引用していますので、全文は本記事下部の記事元リンクからご覧ください。

さて、記事にれば、海外では20年ほど前の古いコンデジが流行しているようです。その理由は昔のデジカメは画素数も少なく、レンズも小さいため今のスマホで撮影するよりも味のある写真が撮影できるからのようです。例えばボケた画像や白飛びした画像のほうがむしろ、よりリアルに見えるということが理由とされています。

フィルムカメラよりも手軽

日本では昔のオートフォーカスのフィルムカメラが人気となっているという記事が定期的に話題になるわけですが、海外でも同じような状況になっていたというのはちょっと意外でした。ならば海外の人もフィルムカメラを選択するのでは?と思ったのですが、どうやらフィルムカメラは現像などが面倒だしコストもかかるということで、古い性能の低かった時代のコンデジが選ばれているようです。このあたり海外の人は合理的ということなのでしょうか?

最近は昭和レトロなどもエモいということで流行していますが、個人的には一過性のものだと思っていましたが思ったより長続きしていて驚いています。熱海のブームなどもすぐに終わるのではないかと思っていましたが、手軽に昔の雰囲気を味わえるということで、まだまだ人気は高いようです。

そう考えると、このレトロコンデジも長く続くブームになるのでしょうか?富士フイルムあたりがフィルムシミュレーションとして昔のコンデジ風というエミュレーションを作りそうな感じもしますが、そこはやっぱりシミュレートではなく実際の古いコンデジでなければならないというこだわりもあるのかもしれません。

(記事元)https://news.yahoo.co.jp/articles/bda062efd5f1c30b3b8aa04493d9a589349310a6

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!