“スマホ普及でデジカメがあおりを食った”は一面的な考え??

デジカメ販売減少はスマホのせいというのは一面的?

デジカメの出荷数量が減少したり、カメラメーカが苦戦している理由は、デジカメがスマホカメラのあおりを食ったというだけではないそうです。

どのような考え方なのでしょうか?それでは記事をみてみましょう。

性能の高いカメラ機能を備えるスマホの台頭がデジタルカメラの需要減に結びつく懸念は残るものの、CIPAは「デジタルカメラがスマホのあおりを食ったという見方は一面的だ」と強調。スマホの存在により、カメラの潜在需要が広がったとする。

全文は本記事下部の記事元リンクをご覧ください。記事によれば、デジカメがスマホのあおりを食ったという考え方は一面的だと述べています。むしろ、スマホカメラの存在により写真撮影に興味を持つ人が増えている側面もあるとしています。

コンデジ需要の低下は明らか

スマホやガラケーにカメラが搭載されるようになり、誰でもすぐに携帯電話やスマホを取り出して撮影できるような世の中になっています。昔とは比較にならないぐらい撮影するデバイスへのアクセスが近距離になっているわけで、それによって写真撮影に興味を持つ人が増えている側面はあるかもしれません。

しかし、スマホやガラケーの登場で明らかにコンデジ市場は小さくなったと感じています。なので、スマホの台頭は明らかにデジカメの需要減に結びついていると思うのですが、これは筆者の考え違いでしょうか?

スマホでの撮影で写真撮影に興味を持つ人は増えていると思いますが、それが売上を大幅に改善できるほどまでになっているとは現状では思えません。もしスマホの所有人口の5%の人がミラーレスカメラを買ってくれたら、それこそもの凄いプラスになると思うので、そのようなスマホカメラユーザをいかにミラーレス市場に取り込むかということも重要なのかなと思います。

(記事元)ニュースイッチ

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!