キヤノン 過去3年間で30本のEFレンズをディスコンに

cano ef lens logo

キヤノン30本のレンズをディスコン

キヤノンがディスコンにしたEFレンズの一覧が掲載されています。どの程度のレンズがディスコンになっているのでしょうか?

それではみてみましょう。

デジタル一眼カメラを仕様しているのであれば、レンズをみつけ購入することが難しくなってきていることに気づいたかもしれない。これには理由があり、それはキヤノンがEF/EF-S一眼レフカメラ用レンズを含む30本のレンズを密かにディスコンにした。

技術ライターのAndy Westlake氏が入手可能なレンズの状況を調査したところ、過去3年間で30本のキヤノンのEFレンズがディスコンになったことが判明した。

■ ディスコンになったEFマウントレンズ30本のうち最も最近のもの
・Canon EF 14mm f/2.8L II USM
・Canon EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS STM
・Canon EF- 18-200mm f/3.5-5.6 IS
・Canon EF 24-70mm f/4L IS USM
・Canon EF 24-105mm f/3.5-5.6 IS STM
・Canon EF-S 35mm f/2.8 Macro IS STM
・Canon EF 70-300mm f/4-5.6 L IS USM
・Canon EF 180mm f/3.5 L Macro USM

■ もう製品を販売していない追加のキヤノンレンズ
・Canon EF 24mm f/2.8 IS USM
・Canon EF 28mm f/2.8 IS USM
・Canon EF 40mm f/2.8 STM
・Canon EF-S 60mm f/2.8 Macro USM
・Canon EF 70-200mm f/4 L USM
・Canon EF 85mm f/1.2 L II USM
・Canon EF 100mm f/2.8 Macro USM
・Canon EF 200mm f/2.8 L II USM
・Canon EF 300mm f/4 L IS USM
・Canon EF 400mm f/5.6 L USM
・Canon EF 16-35mm f/2.8 L II USM
・Canon EF-S 15-85mm f/3.5-5.6 IS USM
・Canon EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
・Canon EF 20mm f/2.8 USM
・Canon EF 28mm f/1.8 USM
・Canon TS-E 45mm f/2.8
・Canon EF 70-200mm f/2.8 L IS II USM
・Canon EF 70-200mm f/4 L IS USM
・Canon EF 70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USM
・Canon EF 75-300mm f/4-5.6 III USM
・Canon TS-E 90mm f/2.8
・Canon EF 100mm f/2 USM

先日、このキヤノンレンズの記事のニコン版の記事を掲載しましたが、そのキヤノンレンズ版ということになります。記事によれば、ここ3年間でディスコンになったキヤノンのEF/EF-Sマウント用レンズは30本になるとしています。

後継製品が発売されてディスコンになったというパターンもありますが、それにしてもかなり多くのレンズがディスコンになっていることがわかります。

それでも現在のラインナップをみると、まだニコンよりはラインナップとしては残っているのかなという印象ですが、それでもキヤノンはミラーレスへ注力していることは間違いないようにみえます。特にキヤノンはEOS-1D X Mark IIIの後継機種については発売しないようですので、プロフェッショナル向けの一眼レフ用のレンズはディスコンになるのも仕方がないのかなと思いますね。

キヤノンのレンズの最新情報

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

cano ef lens logo
twitterで最新情報をチェックしよう!