キヤノンがコンデジ市場から撤退?? 海外サイトで憶測

キヤノンがコンデジ市場から撤退との観測

工場の閉鎖はキヤノンのコンパクトデジタルカメラや、50mm f/1.8のような廉価なEFマウントのレンズシリーズに、主な影響がある。

キヤノンは完全に民生用のデジタル今次口カメラ市場から撤退する可能性があり、そしてEFレンズの製造の終了もほぼ確実だとみられる。

ハイエンドの6000ドルのミラーレスカメラや、プロフェッショナルビデオレコーダーがキヤノンのカメラ事業を救うことができるかどうかは、まだわからない。

キヤノンは従業員の配置転換や民生用カメラに関連する部門の縮小を検討しているのは確かで、キヤノンの雇用を失うことがさらに進む可能性がある。

EOSHDより

先日、キヤノンが主にデジカメやレンズを生産する中国工場から撤退するという報道がありました。具体的にはこちらのような内容になります。

この報道を受けて、キヤノンの中国工場は廉価なEFマウント用レンズや、コンパクトデジタルカメラを製造している工場だとして、市場が縮小しているのでキヤノンはコンデジ市場から完全に撤退する可能性があるのではないかと述べています。そして、EFレンズについても生産が確実に終了するようだとも述べていますね。

キヤノン コンデジ撤退可能性あるか

読んでみると、何かしらの情報があるのではなく、中国工場からデジカメ、レンズ生産を撤退するという報道から想像されることといった内容となっていて、確証があるわけではなさそうです。キヤノンのサイトをみると、アジア地域の生産工場として、台湾ではデジカメやEFレンズを、マレーシアではEF/RFレンズを生産しているとあります。なので中国から撤退といっても、必ずしもデジカメやEFレンズの生産から完全に手を引いたというわけではありません。

しかし、それでも大きな供給力を失ったことは事実です。OEM/ODM生産により安いコンデジを他社から調達したり、自動撮影するカメラやストラップ型のカメラなど特殊なカメラや、高級コンデジは自社で生産する可能性がありますが、これまでのすべてのラインナップを継続することはちょっと考えられないので、何かしらのカメラの間引きが行われる可能性は確かに高いのかなとも思いますね。

ちなみに、ニコンもほとんど廉価コンデジからは撤退している状況で、利益率の高いネオイチだけを販売しているような状況です。

スマホと仕様が重なるような廉価コンデジの先行きはもう長くないのかもしれません。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!