キヤノン EOS-1D Xのディスコン確定 一眼レフ継続は明言も不透明な状況か

キヤノン EOS-1D Xシリーズはディスコン確定か

“キヤノンのフラッグシップ一眼レフカメラはEOS-1DX Mark IIIが最後となり、ミラーレス一眼カメラの開発に注力する “と御手洗氏はコメントした。そのコメントは正しいです。同時に、御手洗氏の言葉を、キヤノンがすべてのデジタル一眼レフカメラ・ラインの終了を正式に発表したと解釈する出版物もありますが、御手洗氏の言葉は、あくまでもフラッグシップのデジタル一眼レフカメラ・ラインについてのものです(EOS-1D X Mark III – PhotoWebExpo編集部コメント)。

インタビューの中で、御手洗氏はこう語っている。「市場のニーズは、ますますミラーレス一眼に移行しています。この流れに乗って、ますます多くの人を惹きつけています。デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラの両方を市場に提供していきます。このモデル(EOS-1D X Mark III)の生産中止時期は未定で、お客様のニーズと市場の見通しを反映させます。”

そこでキヤノンは、フラッグシップDSLRシリーズの継続がもうないことを確認した。しかし、既存のデジタル一眼レフカメラや、新しいデジタル一眼レフカメラの開発も放棄せず、市場の要求や将来のニーズに応えていくとしています。

photowebexpoより

キヤノンの一眼レフについての記事が掲載されています。上記はロシアの記事で、ロシア語はわからないので機械翻訳したものになります。

まず、発端は、キヤノンの御手洗会長がキヤノンの一眼レフのフラッグシップモデルはEOS-1D X Mark IIIで最後になると発言したことでした。その記事が以下の記事になります。

この記事をよく読めばわかるのですが、会長はキヤノンのフラッグシップ一眼レフモデルの開発や生産を数年以内に終了させると言っているのですが、この話が海外で伝わるうちに、記事の見出しが”キヤノンの一眼レフのフラッグシップモデルはEOS-1D X Mark IIIで最後”と変化し(ここまでは正しい)、その後、”フラッグシップモデルは”の部分が抜け落ちて、”キヤノンの一眼レフはEOS-1D X Mark IIIで最後”になってしまいました。

そのため、海外ではキヤノンが一眼レフの生産を終了することを認めたという記事になって大騒ぎになってしまいました。よくある伝言ゲームのような状況です。

そこで、実際はどうなのかということでロシアのネット媒体がロシアのキヤノン駐在員事務所にコメントを求めたところ、上記のような返答があったという流れの記事がこの記事になります。

その返答では、一眼レフのフラッグシップモデルがEOS-1D X Mark IIIで最後になるということは認めたということだそうです。つまり一眼レフフラッグシップモデルはEOS-1D X Mark IIIで後継機種が発売されないことは確定です。研究開発は数年続けるみたいな言い方をしていましたので、Mark IVまであるのかなと思った人もいるかと思いますが、これで正式に後継機種は発売されないことが確定しました。

ですが、一眼レフについてはフラッグシップモデルのみが終了ということで、エントリークラスやミドルクラスとなる一眼レフが今後も登場するような発言も同時にされています。なので一眼レフへの需要がある限りは、まだまだキヤノンは一眼レフの販売を継続していく可能性が高まったと言えると思います。

ニコンは廉価一眼レフをディスコンにしているようですので(海外では発売を継続するという噂もあります)、もしニコンが本当に廉価な一眼レフをディスコンにするのであれば、キヤノンが一眼レフを供給し続ければ残存者利益を得られる立場になります。利益やシェアを独占できるので生産や開発を続けるメリットがあると思いますね。

そしてニコンにとってはキヤノンがフラッグシップモデルの販売を中止するということで、Nikon D*シリーズを継続すれば一眼レフのフラッグシップ市場を独占できる可能性が高まります。このあたりは経営判断になると思いますが、ニコンが一眼レフのフラッグシップモデルを継続するかどうかは非常に気になるところですね。

そして、キヤノン、ニコンの両者の一眼レフからの撤退を最も望んでいるのはペンタックスかもしれません。キヤノンとニコンが一眼レフ市場から撤退すれば、ペンタックスが一眼レフ市場を独占し残存者利益を得られる立場になります。

リップサービスの可能性も

これまでカメラメーカが、自社のカメラのラインナップやシリーズを終了させるときに、あらかじめそのようなことを発言したことはまったくありません。ニコンがNikon 1をディスコンにしたときも、直前までNikon 1は継続するというような発言をしていました。ディスコンにするなどといったら、途端に売れなくなるので当たり前です。

なので、今回のキヤノンの一眼レフの発言についても、もし一眼レフからの撤退が決まっていたとしても、実際に撤退するなどというはずがなく、将来的にどうなるかは未だ不透明な状況が続いていると考えたほうがいいと思います。

実際に、キヤノンはAPS-C一眼レフのキットレンズをディスコンにしているため、今後がどうなるのかは見通せない状況になっています。各メーカは一眼レフの取り扱いについてどのように考えているのでしょうかね。かなり気になるところです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!