なぜカメラメーカはフラッグシップモデルに注力するのか

なぜカメラメーカはフラッグシップに固執するのか

◇ピラミッド頂点を鋭く

市場全体のごく一部でしかないプロ向けになぜ注力するのか。その意義について、キヤノンの戸倉氏は製品ラインアップをピラミッドになぞらえ、「(最上位機種に当たる)三角形の頂点が鋭いほどピラミッドは強固になる」と語る。ブランドや技術力に対するプロからの評価が、ひいては一般消費者からの支持にもつながるとの考えで、「プロ市場でのシェアを注視している」と話す。

JIJI.COM

なぜカメラメーカがフラッグシップモデルに注力するのか、その回答が記述されている記事がありました。前回にも紹介した記事ですが、別記事として紹介したいと思います。

記事によれば、「三角形の頂点が鋭いほどピラミッド(製品ラインナップ)は強固になる」のだそうです。フラッグシップがしっかりした製品で優れていると、ブランドや技術力がプロから評価され、それが一般消費者の支持につながるという考えのようですね。

そう考えると、フラッグシップを作ることができないと、より強い製品ラインナップを揃えることがでぎず、結果的に一般消費者の支持につながらないということなのでしょうか。

そして「三角の頂点を鋭く」というのは、かなり感覚的な表現だと思うのですが、どのような意味なのでしょうね。より性能的に優れたフラッグシップモデルがあることを「鋭い」と表現しているのでしょうか。

技術やブランドのアイコンとしてのフラッグシップ

以前、トヨタがヨーロッパでの販売台数を増やしたいけどどうしたらいいのか?との考えに対して、ヨーロッパでは絶大な人気があるWRC(FIA 世界ラリー選手権)に参入して良い成績を得られれば売れるようになるという返事があったそうです。

実際に、WRCのレースで優勝したメーカの車種は、その翌週の売上げが伸びるという現象があるそうで、メーカにとってはレース活動は技術開発という観点とともに販売促進のイベントとしても有効なようです。もちろんレースに参加するぐらいですから、その車は、同カテゴリの車種でのフラッグシップモデルということになるわけで、フラッグシップモデルがレースで勝てる車だと、技術力や知名度、ブランド力のUPに貢献し、車が売れるということになるのだと思います。

カメラにはカメラメーカ同士が戦うような場所みたいな物は無いわけですが、それぞれ全力でフラッグシップモデルを作製し発売することで、そのメーカの技術力やブランド力を誇示できるという側面はあるのだと思いますね。

現在、フルサイズミラーレスではソニーを追いかけているキヤノンとニコンですが、ようやくフラッグシップモデルや準フラッグシップモデルを発売したことで、追撃態勢に入ったということなのかもしれません。

[template id=”4241″]
Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!