キヤノン EOS-1D X Mark III、R5、R6の新ファーム公開を告知

キヤノン EOD-1D X Mark III、EOS R5、EOS R6の新ファームを告知

EOS-1D X Mark IIIファームウエア Version 1.6.0(12月2日公開開始予定)について

このファームウエアの変更(Version 1.6.0)は以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。
ウインタースポーツでヘルメットやゴーグルなどを装着している人物に対する、頭部検出性能の向上。

EOS-1D X Mark III

 

EOS R5ファームウエア Version 1.5.0(12月2日公開開始予定)について

このファームウエアの変更(Version 1.5.0)は以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。
・ウインタースポーツでヘルメットやゴーグルなどを装着している人物に対する、頭部検出性能の向上。
・[AF]タブの[検出する被写体]に[乗り物優先]を追加し、モータースポーツにおける車・バイクの検出に対応。ドライバーやライダーのヘルメットを検出する[スポット検出]も設定可能。
※ 一般の乗用車、商用車、バイクは検出できない場合があります。また、車、バイクではない被写体に対して乗り物と検出する場合もあります。
・瞳検出時、顔の中に陰影があるとき、前髪が目にかかっているときなどにおける、検出性能の向上。
・人物の胴体検出に対応。瞳や顔、頭部が隠れたり検出できなくなったときに、胴体を検出して粘り強くトラッキングを継続。

EOS R5

 

EOS R6ファームウエア Version 1.5.0(12月2日公開開始予定)について

このファームウエアの変更(Version 1.5.0)は以下の機能向上と修正を盛り込んでいます。
・ウインタースポーツでヘルメットやゴーグルなどを装着している人物に対する、頭部検出性能の向上。
・[AF]タブの[検出する被写体]に[乗り物優先]を追加し、モータースポーツにおける車・バイクの検出に対応。ドライバーやライダーのヘルメットを検出する[スポット検出]も設定可能。
※ 一般の乗用車、商用車、バイクは検出できない場合があります。また、車、バイクではない被写体に対して乗り物と検出する場合もあります。
・瞳検出時、顔の中に陰影があるとき、前髪が目にかかっているときなどにおける、検出性能の向上。
・人物の胴体検出に対応。瞳や顔、頭部が隠れたり検出できなくなったときに、胴体を検出して粘り強くトラッキングを継続。

EOS R6

主に被写体認識AFの機能向上

今回の新ファームによる改善点は、主に被写体認識性能の向上にあるようですね。ウィンタースポーツでヘルメットやゴーグルをつけている人の認識能力が向上したり、モータースポーツで車、バイクの検出に対応したというのはかなり大きいと思います。

そのうち、動物を初め、電車、飛行機や、ヨットや船など様々な被写体を認識して追尾する能力が求められそうです。ただ、構図内にどのような被写体がいる可能性があるのかをすべていちいち認識しようとすると、ものすごく高性能なイメージプロセッサが必要になってしまう可能性があると思いますね。

なので、可能であればそれぞれ追尾する被写体をON/OFFで指定できるようになったり、特定の被写体認識データをネットからダウンロードしてカメラに適用することで、その特定の被写体だけを認識できるようにするといったことなどが必要になるかもしれません。

たぶん将来的には自分の子供の顔や動きをカメラのAIチップが解析して、特定の人物だけを追尾し続けるといったことも可能になると思いますね。AI分野でのカメラの進化はかなりありそうに思えます。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「キヤノン EOS-1D X Mark III、R5、R6の新ファーム公開を告知」への2件のフィードバック

  1. 路傍のカメラ好き

    R3で実装されたAF機能強化の大半をフィードバックする神アプデですね。ユーザーの1人として大歓迎大感謝です。
    R5もR6も、まだ進化の余地を残していたとは……R3もDIGIC Xだったのであり得るとは思ってましたが、まさかこんなに早く来るとは!

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top