EOS R5の価格調査 売れ行き絶好調?? 多くのショップで依然在庫なし

EOS R5ボディの価格調査

EOS R5ボディの価格動向調査です。価格.comによれば、現在のEOS R5の最安値はカメラのキタムラが販売する45万5400円となっています。では、最安値はどのように変化しているかというと、以下のようなグラフになります。

(引用)https://kakaku.com/item/K0001272146/

これをみるとわかりますが、最安値はほぼ一定となっていて、ほとんど価格の変動はありません。平均価格的にもほぼ同じような価格を維持しています。

12月下旬に、平均価格が一時的に70万円以上の価格になっていることがわかりますが、これが誤入力によるものなのか、利益を狙ったプレミア価格や転売価格なのかは不明です。ただ、価格.comは登録店舗の価格情報を提示していますので、たぶんプレミア価格や転売価格ではなく、誤入力の可能性が高いのかな?と思いますね。

日本では未だに初期需要を満たせず?

以前は価格.comでEOS R5の販売をしているショップはごくわずかのショップだけでしたが、今では多くのショップが表示されるようになっています。それでも22ショップが登録されているだけなので、通常の製品よりもかなり販売ショップは少ない状況です。そして、その22ショップの中でも在庫ありのショップになっているショップは13ショップで、依然9ショップはEOS R5の販売ができない状態になっています。

高価なカメラについては、実店舗で購入されている人がどうやら多いようで、通販専門などの激安ショップで購入しない人も多いという状況もあるようですが、それでも激安系のショップはほとんど販売されていないということは、やはりEOS R5の需要はまだまだ高く、初期需要を満たせていないのかな?という印象です。

ちなみに一般的には、価格.comで表示されているショップは、カメラの価格が安い方から、激安系のショップが低価格競争をして1円単位で価格を変更し、その次に地方ローカルのカメラ専門店が並び、その後に全国チェーンのカメラショップが続くというような感じになっています。その中でも全国チェーンのカメラショップのなかでは、カメラのキタムラがほとんどの場合で最安値を設定しているので、それが価格.comの販売ショップの価格の目安になります。

今回、EOS R5の最安値は45万5400円ですが、その価格を設定しているのがカメラのキタムラです。そしてカメラのキタムラでは製品の在庫がなく問い合わせ状態になっています。激安系のショップで販売しているショップもありますが、カメラのキタムラよりも高い価格で販売しており、通常の場合とは逆転現象が起きているようですが、これは高い価格でも売れるので高めの価格設定をしているのだと思われます。このことからもEOS R5の需要は、現在でもかなり高いだろうということが示唆されていることがわかります。

キヤノンはニコンにZ 6とZ 7の投入で先を越されることを懸念し、言い方は失礼ですがお茶を濁すような形で中途半端なEOS RとEOS RPでその場をしのごうとしたような印象ですが、きっちりEOS R5で挽回し、既存のキヤノンユーザの受け皿となったことが、このような売れ行きになっていると思いますね。

ソニーが満を持してα1を発表していますが、デュアルピクセルオートフォーカスを採用しているEOSはすべての画素を像面位相差として利用できるため、AF性能ではEOS R5のほうが上というレビューもあり、EOS R5の人気はしばらくつづくのかなと思います。

(記事元)https://kakaku.com/item/K0001272146/

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「EOS R5の価格調査 売れ行き絶好調?? 多くのショップで依然在庫なし」への1件のフィードバック

  1. >>キヤノンはニコンにZ 6とZ 7の投入で先を越されることを懸念し、言い方は失礼ですがお茶を濁すような形で中途半端なEOS RとEOS RPでその場をしのごうとした

    的外れな推測です。キヤノンがEOS Rを急いで投入してきたのはα7III対策です。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top