富士フイルム X-H2S、XF150-600mmF5.6-8の供給不足を告知 想定以上の予約

FUJIFILM X-H2S

富士フイルムX-H2S、150-600mmの供給不足を告知

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2S」
フジノンレンズ「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」供給に関するお知らせ

平素は富士フイルム製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

7月14日(木)発売の以下の製品は、想定を上回る多くのご予約をいただいており、製品のお届けまでにお時間をいただく場合がございます。

・ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H2S」
・フジノンレンズ「XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR」

一日も早くお届けできるよう、鋭意努力してまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

富士フイルムWebサイト

富士フイルムが先日、正式に発表したFUJIFILM X-H2Sと、XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRの供給不足を告知しています。

発表は5月31日の深夜でしたので、実質2日あまりで想定以上の予約があったことになりますね。

以前は、このような供給不足のプレスリリースがでると、わざと供給不足を告知して購入意欲を煽るようないわゆる飢餓商法なのではないか?という見方をする人も多かったのですが、最近のカメラ界隈では供給不足が当たり前、そして実際に製品は供給不足で在庫がまったくない状況が当たり前になってきています。なので、すんなりと供給不足という情報を受け入れることができてしまっていて、なんとも皮肉な状況ですね。

それはともかく、X-H2Sは久々の富士フイルムのフラッグシップモデルで性能的にもかなり向上しているようですし、超望遠ズームもいまは人気のレンズの一つですので、XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRも供給不足になるのは納得のいくところです。

ただ最近の半導体不足や物流の混乱を考えると、必ずしも製品の人気だけでこうなったとは考えにくい側面もあるので、実際何が原因で供給が不足しているのか詳細を知りたいとも思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog