有名カメラ店 デジカメ売れ筋ランキング α7 IV、Z 9、R3が三つ巴の戦い

有名カメラ店売れ筋ランキング

■ヨドバシカメラ
1 ソニー「α7IV」(ILCE-7M4)
2 ニコン「Z 9」
3 ソニー「α7III」(ILCE-7M3)
4 キヤノン「EOS R5」
5 キヤノン「EOS R3」

■ビックカメラ
1 キヤノン「EOS KISS M2・ダブルズームキット」
2 ニコン「Z fc 16-50 VR SLレンズキット」
3 ソニー「α7III」(ILCE-7M3)
4 パナソニック「DC-G100V-K」
5 ソニー「α7IV」(ILCE-7M4)

■カメラのキタムラ
1 ソニー「α7IV」(ILCE-7M4)
2 フジフイルム「X-S10ダブルズームレンズキット」
3 ソニー「α7III」(ILCE-7M3)
4 ニコン「Z 9」
5 キヤノン「EOS R3」

■マップカメラ
1 ソニー「α7IV」(ILCE-7M4)
2 ニコン「Z 9」
3 キヤノン「EOS R3」
4 ニコン「Z 6II」
5 キヤノン「EOS RP」

■フジヤカメラ
1 ソニー「α7IV」(ILCE-7M4)
2 キヤノン「EOS R3」
3 ニコン「Z 9」
4 フジフイルム「X-T4」
5 ニコン「Z 6II」

PHILE WEB

有名カメラ店のデジカメ売れ筋ランキングが公開されています。集計期間は2022年2月の1ヶ月ということになります。

それぞれのランキングをみると、α7IV、Z 9、EOS R3の三つ巴の戦いになっているという印象ですね。それぞれ上位にα7IVがランクインしていて、Z 9がそれに続くというようなランキングになっています。さらにEOS R3が続くというようなランキングで、それぞれ接戦という状況になっているようです。

たぶん、今現在、α7IV、Z 9、EOS R3ともバックオーダーをかなり抱えていて、入荷があると売れてしまうので入荷があった数量が多いカメラが上位にランクインするという状況になっている可能性が高いように思います。実際にα7 IVは価格.comの調査によれば比較的、販売しているショップが多くZ 9やEOS R3よりは供給量が多いのだろうと思いますね。

各社の特徴的なランキング

当サイトでも何度も記述していますが、これらの小売店はカメラ販売を祖業としているので、ハイアマチュアやプロフェッショナルな人の購入割合が高いので、かなり高価なカメラでも上位にランクインしてきます。

特にカメラのキタムラ、マップカメラ、フジヤカメラは今でもカメラ販売が(ほぼ)専業ですので、同様の傾向です。

このうちビックカメラだけは1位や2位にAPS-Cミラーレスがランクインしていますので、どちらかというとカメラ店というより一般的な家電量販店的な立ち位置になってきているような印象です。ヨドバシも全国展開していますが、まだカメラ専門店と同じようなランキングになっていて、まだまだハイアマチュアやプロフェッショナルの人の購入割合が高いことがうかがえます。

カメラを祖業として全国展開しているヨドバシとビックカメラですが、どうしてこれだけランキングの差があるのでしょうかね。そのあたりもちょっと気になりました。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top