ヨドバシ 名物福袋の抽選予約開始 カメラの福袋の中身を検証してみる

ヨドバシがお年玉袋の抽選申し込みを開始

・夢のお年玉箱2022 ミラーレス一眼デジタルカメラ(Wズーム)の夢 118倍 7万円(税込み)
・夢のお年玉箱2022 ミラーレス一眼デジタルカメラ(レンズキット)の夢 520倍 8万円(税込み)
・夢のお年玉箱2022 フィルムカメラバラエティセットの夢 4倍 4000円(税込み)
・夢のお年玉箱2022 一眼レフデジタルカメラ(レンズキット)の夢 508倍 5万円(税込)

ヨドバシドットコム

ヨドバシドットコムが毎年恒例の夢のお年玉袋(以下、福袋)を購入するための抽選を今年も開始しました。抽選申し込み期間は11月29日から12月5日までとなっていて、抽選は12月7日だそうです。申し込みにはヨドバシドットコムのアカウントが必要で、年内にヨドバシカメラやヨドバシドットコムで購入した人は当選確率が上がるなどの優遇条件があるそうです。

今回の福袋の中身は何か?

上記の福袋の一覧はカメラ関係の福袋を引用させていただいたものです。それぞれの袋名、現在の抽選倍率、福袋の価格を一覧にしています。すでに500倍を超えている福袋があるのにびっくりです。

その他にも家電、スマホ、デジタル家電、ゲーム機器、モニターなど様々な福袋がありますので、すべては記事元リンクからご覧ください。

実は福袋の中身は、福袋のリストに掲載されている画像から、なんとなくわかるようになっています。そこで、上記のカメラの福袋について、中身がどのようなものなのか、そして実勢価格はどの程度で、どのぐらいお得に購入できるのかといったことを調査してみたいと思います。

ミラーレス一眼デジタルカメラ(Wズーム)の夢

まずミラーレス一眼デジタルカメラですが、価格が7万円で、ダブルズームキットなのでAPS-Cミラーレスであることはほぼ確定です。シルエットからすると軍艦部があるのでソニーではなく、キヤノンかニコンのAPS-Cミラーレスカメラということになると思います。

ここで注目なのは、ストラップの留め具の形状です。ニコンやソニーはカメラの正面をみると右側のストラップの穴が輪のようになって見えることがわかります。下記の画像の右側にあるストラップの留め具がそれです。輪っか状になっています。

しかし福袋に記述されている画像は、留め具がただ棒が少しでているような形になっているので、これはキヤノン製品であり、つまりEOS Kiss Mのダブルズームレンズキットではないかと思いますね。Kiss MなのかKiss M2なのかは画像からはわかりません。

これは予想ですので違うかもしれませんが、たぶん掲載されているカメラの画像は、宣伝材料の写真を加工したものだと思います。そうすると、ヨドバシで公開されている画像のシルエットはレンズが本体から少しだけ下にはみ出しているような画像になっていますので、たぶんEOS Kiss Mだと思います。

なお、EOS Kiss Mのダブルズームキットの場合は最安値が9万円ほど、Kiss M2のダブルズームキットですと10万円ほどですので、7万円という価格はかなりのお得な福袋と考えられそうです。検討している人は試しに申し込んでみるといいと思いますね。

ミラーレス一眼デジタルカメラ(レンズキット)の夢

次にミラーレス一眼デジタルカメラ(レンズキット)です。これは見た感じシルバーとブラックのツートンですので、ほぼ富士フイルムのカメラで確定です。

シルバーの面積が多いので、可能性があるのはX-T30 II、X-T30、X-T20のいずれかだと思います。そのどれかということは、画像からは不明です。ただし、上記カメラの宣伝材料の写真も若干異なっていて、ヨドバシで公開されているシルエットはカメラの下からレンズが大きくはみ出した構図になっていることと、カメラ左側のグリップ部が鮮明に描写されていることから、恐らくX-T30のレンズキットの可能性が高いと思います。

そしてX-T30のレンズキットは以下の2つです。それぞれの最安値はこの通りになります。

・FUJIFILM X-T30 18-55mmレンズキット 12万9800円
・FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット 8万8000円

この福袋は8万円なので、福袋としてはやはりX-T30 18-55mmレンズキットのほうじゃないかなと思いますね。そうすると、最安値より4万円ほど安く購入できる計算になりますので、非常にお得な福袋と言えそうです。

フィルムカメラバラエティセットの夢

こちらは4000円という比較的廉価な福袋です。画像は明らかに富士フイルムの写ルンですだということがわかりますので、写ルンですを含めたフィルムカメラのセットだと思います。

写ルンですの単体では、1500円ほどで購入できるため、残りは2500円分何かしらの製品がセットになっていると思います。そう考えると、コダックあたりの廉価フィルムカメラや35mmフィルムのセットなどが入っている可能性もありそうです。ちょっと面白い福袋かもしれません。

一眼レフデジタルカメラ(レンズキット)の夢

最後は一眼レフの福袋です。こちらはレリーズボタンのあるグリップ部分に赤いラインがデザインされているのでニコンの一眼レフであることは確定です。価格は5万円ですが、問題はこれがD5600、D5500、D3500なのか?というところです。

シルエットからはどちらなのかはまったくわからないのですが、ニコンダイレクトで発売されているのがD5600 18-55 VR レンズキットのみですので、恐らくこれはD5600 18-55 VR レンズキットだと思います。ニコンダイレクトで6万9800円なので、2万円ほど安く購入できるということになると思います。


今回はヨドバシカメラの福袋のカメラがどのような製品なのかということを調査してみました。ちなみに、これは勝手な想像ですので、予約を申し込む場合には、そのまま鵜呑みにすることなくご自分でしっかり検証してから申し込んでくださいね。

[template id=”4241″]
twitterで最新情報をチェックしよう!