ヨドバシ交換レンズランキング ソニー用圧勝 シグマがTOP3占める

ヨドバシ交換レンズランキング

第1位 シグマ 28-70mm F2.8 DG DN | Contemporary (Eマウント)
第2位 シグマ 14-24mm F2.8 DG DN | Art (Eマウント)
第3位 シグマ 24-70mm F2.8 DG DN | Art (Eマウント)
第4位 キヤノン RF24-105mm F4L IS USM
第5位 シグマ 85mm F1.4 DG DN | Art (Eマウント)
第6位 タムロン 28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD (Eマウント)
第7位 ソニー FE 14mm F1.8 GM
第8位 キヤノン RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM
第9位 ソニー FE 20mm F1.8 G
第10位 ソニー FE 24-70mm F2.8 GM

CAPA CAMERA WEB

ヨドバシカメラの交換レンズランキングが公開されています。集計期間は8月1日~15日となっているそうです。ランキングの解説などもありますので、全文は記事元リンクからご覧ください。

さて、ランキングによれば、全体的にソニー用レンズが絶好調で、4位と8位のキヤノン製品を除いてすべてソニー用となっています。ソニーは本体が売れていますから、レンズも売れていることがわかります。

ランキング入りしなかったニコン

今回のランキングでは特にシグマが絶好調で、f/2.8通しのレンズが売れていることがわかります。キヤノンもそれなりにレンズは売れていますね。これに対してニコンのレンズは今回は1本もランクインすることがありませんでした。

NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sなどは人気があるのになぜランクインしなかったのだろうと思っていたのですが、概ね売上げが良いと思われるレンズは、多くのショップで売り切れ状態になっているようです。NIKKOR Z MC 105mm f/2.8 VR Sについては、価格.comにおいては激安系のショップ以外はすべて在庫なしの状態になっています。なので、売りたくても売れない状況が続いているのだと思いますね。

その理由は、恐らく半導体不足が影響しているのだと思います。ニコンはNikon Z fcでもかなり供給が遅れているようですので、半導体不足が深刻になっている可能性が高そうです。

一方ソニーについては、これらのランキングでは上位にランクインすることはないのですが、BCNの半年間のランキングではシェアトップにたっており、実はかなりレンズも売れていることがわかります。一般の人やハイアマチュアの人はできるだけ安くということでサードパーティーのレンズを購入しているのだと思いますが、プロフェッショナルや企業で利用する場合にはさほど購入価格を気にしなくても良いので、ネイティブレンズを買っている割合が高いと思います。

交換レンズシェアランキング 1位はソニーが圧倒的 ニコン最下位争い

レンズもかなりラインナップが揃ってきていますが、廉価なレンズ、かゆいところに手が届くレンズまで揃えるのは難しく、まだまだレンズラインナップではソニーの優位が続きそうです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ヨドバシ交換レンズランキング ソニー用圧勝 シグマがTOP3占める」への2件のフィードバック

  1. よくサードパーティを受け入れると純正が売れなくなると言われますがソニーは純正もランクインしてて相乗効果で売れてることがわかりますね。
    当然ユーザーにとっては選択肢が多いほうがよく、純正だけの閉鎖環境だと殿様商売が始まる恐れもあるのでキヤノンもニコンもちゃんとしたサードパーティにはマウント情報を正式に開示してほしいですね。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top