ニコンが新製品を数ヶ月以内に発売?? 海外認証機関に製品登録

ニコンが数ヶ月以内に新商品を発売?

軒下デジカメ情報局がニコンの新製品に関してツイートしています。アイキャッチ画像はNikon Z 50です。ツイートによれば、ニコンの新しいカメラがインドネシアの認証局に登録されたとしています。

軒下デジカメ情報局 @nokishita_c
リコーの未発表デジタルカメラ「R05010」が中国MIITにも登録されました。Wi-Fi(2.4GHz)とBluetoothを搭載。(先日発表されたWG-7はR05020)
ニコンの未発表デジタルカメラ「N2014」がインドネシアSDPPIにも登録されました。(先日発表されたZ fcはN2016) #認証情報

というわけで認証局を見てきました。以下のようになっています。

これをみると、確かにN2014という製品が登録されていることがわかります。画像タップで拡大します。このコードネームをみると、N2016がNikon Z fcですので、Nikon Z fcよりも先に開発または発売が決まって後から付けられたコードネームであることがわかります。ですが、登録はNikon Z fcよりも後にされていることになりますね。

仮にこの製品がカメラの新製品だとします。ニコンのここのところの命名規則は、コンデジも一眼レフもミラーレスもN0000というコードネームになっていますので、コードネームからはコンデジなのか一眼レフなのかもわかりません。

Nikon Z 9かその他のカメラか

可能性としてはNikon Z 9が最も高いように思えますが、ニコンは他にも様々なカメラを計画しているでしょうから、このカメラが何かというのはよくわかりません。

例えば、Nikon Z 6IIをみると再認証は3年ごとのようですので、2020年7月8日前後に登録されたものであることがわかります。そしてNikon Z 6IIの発売日は2020年11月6日です。およそ4ヶ月後の発売です。そして、Nikon Z 7IIは2020年10月13日の登録で、発売日は12月11日です。こちらは、およそ2ヶ月後の発売です。

そう考えると、いまは7月中旬ですから、2ヶ月後~4ヶ月後を想像すると、9月末、10月末、11月末の発売の可能性が高いカメラということが言えそうです。

噂のNikon Z 9の発表は11月末か12月末と言われていて、それも発売ではないようですから、Nikon Z 9というよりは他のカメラが発売される可能性が高いと思われますね。

可能性としてはいくつもあるのですが、強いて可能性のあるカメラを挙げてみるとこんな感じになるのだろうと思います。

・可能性1 Nikon D880 以前に噂があったNikon Z 7IIの一眼レフバージョン
・可能性2 Nikon D580 D500の後継 Nikon Z 50の一眼レフバージョン
・可能性3 8k動画対応のミラーレス こちらも以前に噂 Z 7IIの後継??
・可能性4 Nikon Z 30 こちらも以前から噂のある廉価ミラーレス
・可能性5 ネオイチの新製品

2020年末頃に、D880、D580の噂があったのですが、その後音沙汰がなくなっています。また2021年の1月頃に、今年の夏に8k対応ミラーレスが発売されるという噂もありました。EOS R5への対抗上の製品になると見られています。しかし、こちらもまったく最近は噂がありません。

最近は半導体不足の影響で、製品発売のスケジュールがかなり変則的になっているようですので、なかなか難しい状況にあるようです。しかし、ニコンが何かしらの製品を登録した以上、何らかの製品が発売されるということだと思いますので、どのような製品なのか期待ですね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top