キヤノン RF14-35mm F4 L IS USMをまもなく発売か??

キヤノンの次の新製品はRF14-35mm F4 L IS USMか?

軒下デジカメ情報局が、次のキヤノンの新製品についてツイートしています。ツイートによれば、キヤノンの新製品リストに、RF14-35mm F4 L IS USMが追加されたとしています。

恐らく卸売店や小売店に、キヤノンが製品リストのようなものを配布していて、それをみてお店側が製品を発注しているのだと思います。その製品リストに、新たにRF14-35mm F4 L IS USMが加わったということで、これは製品がまもなく発売されることを意味するものと思います。

ということは、かなりの高い確率で、次にキヤノンからRF14-35mm F4 L IS USMが発売されるのだと思いますね。

人気のある超広角ズーム

RF14-35mm F4 L IS USMは名称の通りLレンズで描写性能も高いであろうことがわかります。ミラーレスになってフランジバックが短くなったことで、レンズ設計の自由度が増していることから、広角レンズの性能向上の余地も高まっていると考えることができるので、期待してしまいますね。

しかし開放f値がf/4通しですし、価格もかなり高くなってしまうのかなと思います。広角は撮影が難しいですが、うまく撮影できると迫力のある写真になりますので超広角ズームの人気のあるレンズの一つです。どのようなレンズなのか楽しみですね。

現在、キヤノンから発売が噂されているリストは以下のようになります。

■Canon RF Tilt-Shift Lenses (first to have AF):

Canon TS-R 14mm f/4L
Canon TS-R 24mm f/3.5L

■Canon RF Zoom Lenses:

Canon RF 10-24mm f/4L USM
Canon RF 14-35mm f/4L IS USM
Canon RF 18-45mm f/4-5.6 IS STM
Canon RF 100-400mm f/5.6-7.1 IS USM

■Canon RF Prime Lenses:

Canon RF 35mm f/1.2L USM
Canon RF 135mm f/1.4L USM

■Canon RF Macro Lenses:

Canon RF 24mm f/1.8 IS STM Macro

■Canon RF Super Telephoto Lenses:

Canon RF 500mm f/4L IS USM
Canon RF 800mm f/5.6L IS USM
Canon RF 1200mm f/8L IS USM

このなかにRF 14-35mm f/4 Lの記述がありますので、予想は順当な感じがしますね。さらに、以前の噂では、35mm f/1.2 Lも発売が近いらしいですので、そちらのレンズもまもなく発売されるだろうと思われます。噂では3本のレンズが発売されるとされていて、あと1本がどのレンズになるのかも楽しみなところです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top