キヤノン EOS R3の仕様追加発表 モータースポーツ認識AF搭載

キヤノン EOS R3の仕様を追加発表

・RAW撮影においても最高約30コマ/秒の連続撮影
・AF低輝度限界EV-7.0以上
・レンズ内手振れ補正とボディ内手振れ補正の協調制御で約8.0段の手振れ補正効果
・人物の頭部、瞳の検出機能向上。人物、動物に加えモータースポーツ(車、バイク)も認識
・電子シャッター撮影時もストロボ撮影が可能
・CFExpress、SDカード両対応
・4k Canon Log 3対応
・4k オーバーサンプリング実現
・RAW動画内部記録
・動画撮影中の人物、動物、モータースポーツの被写体追尾
・マグネシウム合金ボディ
・マルチコントローラー、スマートコントローラー採用
・メイン×1、サブ×2の3つの電子ダイヤル
・バリアングル液晶
・5GHz wifi対応
・バッテリーパックLP-E19採用
・データ通信、電源供給可能な新アクセサリシュー

EOS R3ページ

キヤノンがEOS R3の仕様を追加発表しています。本日はニコンも新製品を発表するという噂がありましたので、キヤノンとニコンの両者で何かしらの発表があったことになります。ニコンの製品発表にあわせてきた可能性はあるのでしょうか?

EOS R3のページから、新たなわかった内容をまとめると上記のような内容になります。RAWでの30コマ/秒の撮影ですとか、動画の4k オーバーサンプリングが可能ですとか、バリアングル液晶を採用するというようなことが明らかになったわけですが、個人的にはモータースポーツに対応してきたというのは驚きましたね。

モータースポーツにも対応したAF

人間の瞳などよりは認識しやすいのかもしれませんが、バイクはともかくモータースポーツの車にもフォーミュラタイプなのかGTタイプなのか、それともカートやプロトタイプなのかと様々な形があるのですが、すべての車に対応することができるのでしょうかね。

モータースポーツは、当たり前ですが高速で走る車を撮影するので、撮影に経験と勘といったものが必要になるわけですが、車を追い続けてくれることが可能になると、撮影が非常に便利になると思いますね。OMデジタルでも対応している技術ですが、どの程度の追尾能力があるのか気になります。

[template id=”4241″]
EOS R3
twitterで最新情報をチェックしよう!