ソニーの新APS-Cはα6xxxシリーズでなく動画撮影向けカメラと噂

ソニーの新APS-Cカメラは動画撮影向けのカメラ?

新しいAPS-C Eマウントカメラを見た。それはα6xxxという名前ではなく、2400万画素センサーを使用している。

最近噂されているこの新しいカメラのモデルの情報は、”確認された情報”と”未確認の情報”の二つに分かれている。確認されていない噂の中には、3200万画素センサーを採用するかもしれないというものがあった。このセンサーの噂は違っていると明らかになったが、確認された噂は正しいということが分かった。

私はいま、実際のカメラを目にすることができているが、100%正しいと使えることができるのは以下の内容だ。

・2400万画素センサーを採用している
・実際にはハイエンドモデルというを意味していないが、さらにコンパクトなVLOG用Eマウントカメラを意味している
・すべての通常の改良は、α7Cから少し得たものだが、さらにコンパクトなα5xxxシリーズのような形状をしている

明らかになったことは、RXシリーズでソニーが行ったようにAPS-Cセンサー搭載のカメラもVLOG向けにシフトさせたいように見える。

SonyAlphaRumors

ソニーのAPS-Cカメラの新製品についての噂が掲載されています。記事によれば、これまで新しいカメラはAPS-Cセンサーを搭載したハイエンドカメラになると思われていたようですが、どうやら動画撮影向けのカメラになる可能性があるとしています。

これまでは作品作り用のカメラが多く、普段から記録的に動画を撮影する目的に向いているカメラは少ないと言われています。例えば、ソニーのZV-1ではより動画撮影に徹した仕様になっていて、最短撮影距離を短く設定してあったり、撮影時のエフェクトなどについても後から動画を加工せずに済むようになっているようです。また音声がキレイに録音できるということもメリットの一つとなつているようで、新カメラについても同様の工夫がされているのだと思いますね。

フルサイズではα7Sシリーズが、コンデジではZV-1がありますので、今度はAPS-Cミラーレスでも同様に動画に割り振ったカメラを発売して、VLOG向けのカメラとして発売していこうということだと思います。

最近はミラーレスカメラにスティックを取り付けて手持ちで撮影している人も多いですが、フルサイズ一眼レフはどうしてもサイズが大きくなってしまいますので、APS-Cセンサーぐらいのシステムで動画を撮影したいという人に向いているのかな?と思いますね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「ソニーの新APS-Cはα6xxxシリーズでなく動画撮影向けカメラと噂」への2件のフィードバック

  1. ZV-1やα7S IIIやFX3など動画ユーザーの需要に目を向けてるソニーなのでAPS-Cでも動画向けの展開をするのは自然な流れですね。
    α5xxxシリーズのような形状というのはEVF無しでマウントがボディから食み出るくらい小型なのか早く詳細が知りたいです。

  2.  センサーが2400万画素ということで、ソニーは高画素化に動かないという感じなのでしょうか。多くのセンサーで高画素化の噂が出てくるのですが、それにしては動きがないような気が。。。 ソニーはAPS-Cセンサーに対しては本当に投資を抑えている感じもします。またやはり、小絞りボケ関係で高画素化は終了しつつある?
     ZV-1とシューティンググリップは兼用他もあり得るような感じもし、LUMIX G100と完全競合でしょうか? 名称は少し変えて、(EVFなしとして) α5000Vとかどうでしょう? (しかし、今回はかなり噂が錯綜した感じが。。。)

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top