Nikon Z 9のイメージセンサーはタワージャズ製になる??

Nikon Z 9のセンサーはタワージャズ製?

次のNikon Z 9のセンサーは、ソニーではなくタワーセミコンダクターによって製造される可能性がある。DPreviewのスレッドは非常に長いが、これが主なポイントだ。

・Nikon Z 50とD7500は、すでにタワーセミコンダクター製のセンサーを実装している
・ニコンとタワーセミコンダクターは、2021年2月に1億5000万ドルの部品供給契約にサインしている
・ニコンは新しい1インチの178.4万画素の積層型CMOS 4k 1000fpsセンサーの開発を発表している
・タワーセミコンダクター/タワージャズもまた、ニコンはソニーのセンサーを頼りにすべきでないと考えている。このビデオの8分のところをみて欲しい。(彼はソニーもまたカメラ市場にいるという事実を問題視している。だから、例えばセンサーの供給に競合がある場合、ソニーはニコンにかわって自社に利益を与えるかもしれない。)

NikonRumors

NikonRumorsが、Nikon Z 9の仕様の噂について投稿しています。記事では、ニコンのフラッグシップモデルであるNikon Z 9がタワーセミコンダクターのセンサーを搭載するかもしれないとしています。ただし、これは現在のところ、噂といったレベルのものではなく、完全に推測であることに注意が必要です。

記事元では動画へのリンクがあるのですが、そのリンクはflash動画で現在は再生できないので、リンクは外してあります。たぶん括弧の中身が、そのビデオの中で述べられていることだと思います。

記事では、ニコンがすでに他のカメラでタワーセミコンダクターのセンサーを利用していること、ニコンとタワーセミコンダクターが何かしらの契約をしていることなどが記述されており、タワーセミコンダクターもイメージセンサー市場で自社のシェアを高める必要性があることから、互いの思惑が一致して、Nikon Z 9には何かしらの新しい技術が投入されたイメージセンサーが投入される可能性があるのでは?という話になっているようですね。

引用していませんが、記事では、他のサイトから、ニコンが完全に自社開発のセンサーを利用して、何かしらのイノベーションを行おうとしている可能性があり、それがNikon Z 9に搭載される可能性もあるのではないか?という主旨のコメントを引用しています。

なので設計図はニコンが引くので、製造はタワーセミコンダクターにお願いするといったことが予想されるということをいいたいようですね。つまり製造工場を持たないファブレス企業と製造メーカという関係になるかもしれないということのようです。

カメラの性能を決めるイメージセンサー

これまでのところ、デジカメの機能の多くはイメージセンサーの性能で決まってしまうような状況になっています。例えば、解像度、動画撮影性能、像面位相差、連写数、読み取り速度、グローバルシャッターなどです。特に、最近流行の8k動画や、30コマ/秒の高速撮影、グローバルシャッターなどについては、センサー性能の向上が重要になってきます。

そうなるとセンサーを自社で設計、製造し、自社のカメラに搭載できるメーカは有利になりますよね。それがキヤノンとソニーです。ソニーは自社で作りたいカメラの仕様を設定して、そこからセンサーを設計することができるので、非常に有利になります。そして、他社へも供給しているので、大量生産により製造コストも低下します。

一方、ニコンなどは工場を持っていないので、製造を他社にお願いするしかないですし、また時には他社設計のセンサーをカメラに利用せざるを得ないというような状況になっています。そうすると、他社が設計したセンサーの性能に縛られてしまいますから性能的にも二番煎じ状態になってしまうのも仕方がないところですよね。

もし、ニコンが本当にタワーセミコンダクターに製造を委託し、ニコン設計の新センサーが搭載されるとしたら、そしてそのセンサーが何かしらのイノベーティブなものであったとしたら、ちょっと興奮してしまいそうです。どのようなカメラになるのか少し楽しみなところですが、これは完全に憶測ですし、もちろんソニーセンサーになる可能性もあるので、話半分で考えておいたほうがよさそうです。

[template id=”4241″]
Nikon Z 9
twitterで最新情報をチェックしよう!