サムヤン 12mm f/2.0の流出画像 ソニーEマウント用APS-Cレンズ

 

サムヤン APS-C用超広角ズームをまもなく発表か?

これが新しいサムヤン12mm f/2.0 APS-C Eマウント用オートフォーカスレンズの流出した画像だ。価格は約s450ドルになるだろう。来週にも発表の可能性がある。

SonyAlphaRumors

記事によれば、サムヤンが12mm f/2.0 APS-C Eマウント用レンズを、早ければ来週にも発表するとしています。

ついさきほど、天体撮影用のAF 24mm F1.8 FEを発表したばかりですが、次はAPS-Cマウント用の超広角レンズを発表する可能性があるようですね。

最近、Eマウントはかなり売れているので、追随して発売するサードパーティーメーカーも多く、よりいっそうレンズの選択の幅が広がる好循環につながっています。

今回のレンズはAF対応で、しかも450ドルということですので、現在のレートで約5万円という、AFがありながらかなりお得なレンズになっています。廉価な広角レンズが欲しいという人には嬉しい製品になるかもしれませんね。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top