キヤノン 冷却システムのある動画撮影向きEOS R5Cの噂

EOS R5Cの噂

CanonRumorsがEOS R5Cの噂を報告しています。画像はEOS R5です。

先週、EOS Rシネマカメラが将来登場することを報告した。そして、私はこれが事実であることを確認し、そして2021年遅くか2022年の早い時期に登場することが予想されている。

EOS R5cと呼ばれているカメラは、EOS R5と同じセンサーが実装され、そして同じ録画オプションがすべてある。

アクティブ冷却機能があるので、わずかに大きなボディになり、静止画撮影用のハイブリッドカメラとしてもあり続けることになる。

CanonRumors

記事によれば、キヤノンがEOS R5の動画撮影バージョンのカメラともいえるEOS R5Cを発売する可能性があるようです。

噂の内容が上記のようにとても短いので、どのようなカメラなのかはよくわかりません。ですが、まとめると以下のような違いがあるらしいことがわかります。

・EOS R5と同じセンサー
・動画機能はEOS R5と同等
・冷却システムがある
・ボディがわずかに大きくなる
・静止画用のハイブリッドカメラでもある

となると、EOS R5に何かしらの冷却システムが後付けされたようなシステムになるということなのでしょうか?

EOS R5購入者には失望の声も

EOS R5といえば、特に8k動画撮影時の発熱の問題で、録画時間に制限があり、プロフェッショナル向けの撮影では利用できないといった意見がありました。これは特に動画撮影が盛んな海外のサイトでよく見受けられる意見でした。

その後、様々な解析が進み、EOS R5では実際に発熱の温度を計測しているのではなく、録画時間だけを頼りに録画可能時間を算出していたことが明らかになり、様々な回避方法が明らかになりました。。そしふ新しいファームウェアの更新もあり、動画に関する制限はかなり緩和されたこともあり、一時的に回避することも可能であることから、これらの問題については特に問題視されることがなくなっています。

ですが、ここにきての動画撮影向きのEOS R5の噂です。実際のサイズがどの程度なのかによると思いますが、記事にあるように「わずか」に大きくなるだけで、アクティブ冷却システム、恐らく冷却ファンの実装なやそれに近い冷却システム実装がされて、動画録画時間がかなり長くなるということが可能になるとすると、既存のEOS R5ユーザとしては残念に思う人がでてくることも理解できます。

海外のサイトなどではEOS R5Cの発売はEOS R5の販売に悪影響になるのでは?と報じているサイトもあり、このあたりは意見のわかれるところかもしれません。

でも実際に製品をみてみないとこのあたりはわからないと思いますね。「わずかに」ということですが、実際にはどの程度のサイズになるのか、重さはどの程度大きくなるのか、そして最も重要な価格はどうなるかといったことで需要はかなり変わってくると思います。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top