キヤノンカメラ新製品の噂6機種 RF版APS-Cミラーレスの噂も

2021年に登場するキヤノンのカメラ

THE NEW CAMERAが2021年に登場する可能性のあるカメラについて報告しています。画像はイメージ画像でEOS Kiss M2です。それでは早速、噂の中身をみてみましょう。

2021年に登場する一眼レフとミラーレスについての一覧を見てみよう。一覧は複数の情報筋から受けた一連の噂をベースにしている。キヤノンの新製品に関する新しい噂を得るとすぐに、この一覧を柔軟に更新することにしている。

1)エントリークラスのフルサイズミラーレス

(EOS RPの後継機種/Nikon Z 5の対抗機種)キヤノンは2021年にエントリークラスのフルサイズミラーレスを発売するだろう。このカメラはNikon Z 5に対抗するもので、手頃な価格で登場するだろう。このカメラに関する仕様に関する詳細な情報はまだない。

2)EOS R1

最新の噂によれば、キヤノンは2021年末に開発発表をするだろう。現時点では、このカメラの主要な仕様については明らかな情報を得ていない。R1に関する様々な流出した情報がネット上で浮上しているが、信頼できる情報筋からの、正しい情報を入手したら情報を更新する。

3)EOS R7  APS-C RFマウントミラーレスカメラ

EOS R7はRFマウントのAPS-Cミラーレスカメラと噂されている。それはEOS 7Dシリーズの直接的な後継機種になるだろう。

EOS R7の仕様

・3250万画素APS-Cセンサー
・DIGIC Xイメージプロセッサ
・UHD 4k 60p、Full HD 120p 録画、10ビット内部動画
・5軸ボディ内手振れ補正

注意して欲しいのは、冒頭でも述べたように、上記の仕様はEOS R7のプロトタイプの一つの仕様ということだ。カメラメーカは、公式発表前に複数のフラッグシップカメラのプロトタイプをテストする。噂はキヤノンはまた4500万画素と2000万画素のAPS-Cセンサー搭載のプロタイプに取り組んでいることを示唆している。なので、我々は実際どの製品が製造ラインのるか待つ必要がある。

4)G1X Mark IV

G1X Mark IVは2020年内に発売する予定だったが、残念ながらカメラの発売は延期された。それが今年中に発売されることが予想されている。多くの期待する仕様や噂がネット上で浮上しており、噂されている仕様について見てみよう。

・3250万画素デュアルピクセルオートフォーカスセンサー
・DIGIC Xイメージプロセッサ
・デジタル補正と光学補正の改良されたデュアル手振れ補正モードのある4k30p
・G1X Mark IIIと比較して高速なAF
・カメラの背面側にあるジョイスティックコントローラー
・生Youtube配信とクラウドへの画像転送用のアプリ

5)EOS 1600D

最新の噂によれば、キヤノンは2021年のいつかにEOS 1600Dを発表するだろう。噂されているカメラの仕様は、第2世代のデュアルピクセルオートフォーカスセンサーを採用することが示唆されている(瞳AFはなし)。そしてコントラストAFのクロップされた4k動画録画機能がある。

6)EOS 200D III/SL4

予定が順調に進んだ場合、キヤノンはSL4、別名200D IIIを2021年の8月~9月にみることになるだろう。しかし、一眼レフの共食いに関するポリシーを選択していることを知っているので、このカメラに関することを言うのはまだ早すぎるかもしれない。噂されている仕様をみてみよう。

・新しい2400万画素/3200万画素センサー
・DIGIC Xイメージプロセッサ
・UHD 4k 30p、Full HD 120p録画
・3インチ 104万ドット バリアングル式タッチ液晶
・4kタイムラプス動画
・HDMI C(Mini)、USB Micro-B(USB 2.0)
・USB給電

THE NEW CAMERA

まずはEOS RPの後継機種の噂がでているようです。廉価なフルサイズミラーレスは潜在的に需要があるでしょうから、EOS RPの後継機種の可能性は考えられると思いますね。ニコンもZ 5を発売していて、センサーが恐らく非ソニーのものを利用していながら、Z 6とほぼ同じ機能を廉価で提供していることから、エントリーユーザ向けの製品がでてきてもおかしくない状況です。

そして先日噂がでてきたプロフェッショナルモデルとなるEOS R1も噂されているようですね。もはや年内発表が規定路線というような状況です。あくまで、噂の範囲内ですが。

キヤノンフラッグシップEOS R1の噂 8500万画素グローバルシャッタ搭載??

キヤノン RFマウント版のAPS-Cミラーレスをついに発売?

長いこと噂になりながら、なかなか詳しい噂がでてこないのがRFマウント版のAPS-CミラーレスといわれるEOS R7です。たぶんコロナ渦で様々なスケジュールが狂う可能性があるため、詳しい情報がでてこないのですが、こちらはキヤノンの中でももっとも気になる機種の一つですよね。そしてEF-Mマウントのミラーレスがどうなってしまうのか?ということも掛かってくるカメラですので、どのような製品として発売されるのか期待です。

個人的にはRFマウントのAPS-Cはフラッグシップやハイエンドクラスのミラーレスだけになり、EF-Mは廉価製品のみで継続的に販売され続けるのではないのかな?と思っています。

そして、廉価なAPS-C一眼レフの噂もあるようですね。EOS 200D IIというのがKiss X10ですので日本でいうところのEOS Kiss X11の噂と、1500DがEOS Kiss X90ですので、日本でいうEOS Kiss X100の一眼レフが更新される可能性があるようです。ミラーレスのほうが売れているとはいっても、キヤノンの一眼レフはかなりのシェアを得ているので、改良して発売し続けることで少しでも利益を得たいというところだと思いますね。

さて、いろんな機種の噂がありますが、実際に発売される機種はあるのでしょうか?今後の噂に期待したいです。

お知らせツイートしています

新着記事のお知らせツイートをしています。フォローしていただけると嬉しいです。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

「キヤノンカメラ新製品の噂6機種 RF版APS-Cミラーレスの噂も」への2件のフィードバック

  1. EOS kissX90 の後継機が登場するのは驚きです。
    世界規模で考えればまだ需要はあるんでしょうね。
    EOS 200D III/SL4 は EOS kissX11 になるのかな?新型を出す
    と言うことは EOS kissX10 が売れているようですね。
    ミラーレスはレンズを含め生産体制を強化しなければまた品不足に
    なりそうです。
    EOS R5,R6 と RFレンズ は相変わらず品不足のようなのでどうなる
    ことやら。

コメントする

※名前の入力は必須です
※メールアドレス・ウェブサイト欄の入力は任意です。
※メールアドレスが公開されることはありません。
※アンチスパム機能により投稿内容が反映されない場合があります。
※投稿がすぐに反映されない場合があります。

Scroll to Top