キヤノン “サードパーティレンズは速くとも24年末まで期待できない”

EOS R

キヤノンのサードパーティー製レンズは2025年までは期待できない

キヤノンがサードパーティーメーカにRFマウントレンズの作ることを止めるように要請しているという問題が話題になっていますが、その後さらに少しの情報が入ってきているようです。

それでは、どのような情報なのかみてみましょう。

私はこの話題について、完全に地理的に異なる場所にいる品質の高い二人の情報筋と話をしたが、彼らは似たようなことを述べていた。

大きな問題は、近い将来にわたりキヤノンには、彼らのRFマウントの電子部品やオートフォーカスのような特許をサードパーティーメーカに利用させるつもりはないということだ。

これにはいくつか理由があると聞いている。

  • キヤノンはRFラインナップが成熟していると考えておらず、彼らのラインナップを充実させたいと考えている。キヤノンは未だ、多くの非LレンズとLレンズの両方に取り組んでいる。
  • キヤノンは”さらに安価”な選択肢として、キヤノンの一連のアダプターを利用してRFマウントでうまく動作する、いまある100本でも1億本もあるEFレンズによってすでにカバーされていると考えている。
  • キヤノンはRFマウントの微調整や改善を行っていない

情報筋の一人は、最も速くても2024年末までサードパーティー製レンズは期待できないと述べていて、すべてのメーカにRFレンズを作る機会を与えられることはないと述べている。

CanonRumors

さて、噂によればキヤノンはここしばらくはRFマウントレンズに関連する特許を、サードパーティーメーカに利用させるつもりはないとしています。ただし、「近い将来」ということで一定の期間が経過した場合には、一部のメーカに特許の使用を認める可能性も示唆されていています。しかしそれは速くとも25年にならないと発売されないよう考えられているようです。

このことは、たぶん25年(24年末)までにはRFレンズがほぼ揃うので、それまでは他社にRFマウントレンズを作らせるつもりはないということになると思います。これがキヤノンの本心だとしたら、マウントアダプタや、マニュアルフォーカスレンズについて黙認している(少なくとも製造を止めるような要請はしていないらしい)ことにも、なんとなく納得できるように思えます。

ライセンス契約でわかれるキヤノンとニコン

現在のところ、ニコンのレンズではコシナのAPO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical、タムロンでは70-300mm F/4.5-6.3 Di III RXDを、ニコンとのライセンス契約のもとで発売されています。なのでニコンは何社かとライセンス契約の上でサードパーティー製のレンズを認めているということになります。

たぶん、ホームページに「※本製品は、株式会社ニコンとのライセンス契約の下で、開発・製造されています。」という記載があるのは契約上、表記しなければならないことになっているのではないかと思いますね。逆に言うと認めていないメーカには発売を許さない可能性はあるのかもしれません。

一方で、この噂が正しければ25年まではキヤノンはサードパーティー製レンズを認めない方針ですので、両社で戦略が分かれたような状態になっていると考えられそうです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R
twitterで最新情報をチェックしよう!