富士フイルムが動画撮影用ミラーレスを年内投入?? ZV-E10、Z 30競合機種

富士フイルムが動画撮影向けミラーレスを発売?

富士フイルムが動画撮影用のミラーレスカメラを発売するという噂がでているようです。どのような噂なのでしょうか?

それでは記事をみてみましょう。

ネット上で明らかになった最新の噂によれば、富士フイルムはユニークで機能満載のエントリークラスのビデオブロガー用のミラーレスカメラを、2023年3月までに発表するだろう。そして、それはZV-E10、Nikon Z 30、EOS R10と競合することになる。

富士フイルムはエントリークラスのラインナップで映像制作者に焦点をあてていて、次に1000ドル以下(本体のみ)のカメラが、年内に市場に投入されることになる。もしスケジュールがうまく行けば、カメラは2022年の第4四半期に登場するだろう。

カメラの名前は今のところ不明で、X-AxまたはX-Txxxxシリーズ(X-A8、X-T300と呼ばれる)または、ビデオブロガー用に完全に新しいシリーズになる可能性がある。

NewCamera

記事によれば、富士フイルムは現在、動画撮影用のミラーレスを開発していて、市場に投入されるという噂があるようです。

日時に若干の表記ゆれがあるのですが、もし計画が順調にいった場合には年内(2022年第4四半期)で、計画が遅れた場合には2023年の3月までに発表されるということなのだろうと思います。

また記事では価格が1000ドル以下になる可能性が示唆されていて、もし本当であれば動画撮影向けとしては標準的な価格ではないかと思いますね。

ただ、この噂については、新規の情報筋からのものなので、”話半分”で受け取って欲しいと記述されています。なのであまり信頼性のない情報の蓋然性が高いようですので、こんな噂があるんだ程度に理解しておいたほうがいいと思いますね。

富士フイルムのニュースの最新情報

[catlist template=”default” thumbnail=yes currenttags=all]

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!