キヤノン 20mm f/1.8、28mm f/1.8レンズの特許

EOS R7

キヤノン 大口径単焦点レンズの特許

キヤノンが大口径広角単焦点レンズの特許を出願していることが明らかになりました。どのようなレンズなのでしょうか?

それではて見てみます。なお、あとからレンズの仕様をまとめていますので、下記の引用は面倒だったら読み飛ばしても大丈夫です。

焦点距離 28.60
Fナンバー 1.85
半画角(度) 37.1
像高 20.15
光学全長 81.00
BF 13.20

焦点距離 20.60
Fナンバー 1.85
半画角(度) 46.4
像高 18.71
光学全長 84.87
BF 11.00

焦点距離 24.72
Fナンバー 1.85
半画角(度) 41.2
像高 19.34
光学全長 81.00
BF 11.00

IPForce

さて、上記のようなレンズの特許が出願されていることがわかりました。似たようなレンズについては冗長になるので省略しています。それでは、どのようなレンズなのかまとめてみます。

・28mm f/1.8
・20mm f/1.8
・24mm f/1.8

概ねこのようなレンズになりますね。このレンズがどのようなレンズなのか?ということですが、バックフォーカス(レンズの後玉からセンサーまでの距離)が十分に短いのでミラーレス用であることは間違いないようです。さらに、像高からフルサイズセンサー用であることがわかりますので、フルサイズミラーレス用のレンズの特許であることがわかります。

RF24mm F1.8 MACRO IS STMの特許か?

似たような仕様のレンズについては、キヤノンがすでに発売されています。それが、RF24mm F1.8 MACRO IS STMです。もしかしたら、この特許の24mm f/1.8はRF24mm F1.8 MACRO IS STMのことなのでしょうか?

というわけでレンズ構成図を確認してみます。

 

キヤノンWebサイト

上側が今回の特許のなかにあるレンズ構成図で、下側がキヤノンのサイトにあるRF24mm F1.8 MACRO IS STMのレンズ構成図です。このように並べてみると非常にレンズ構成が似ていることがわかると思います。この特許のままで製造されているかは不明ですが、少なくとも研究結果を利用してRF24mm F1.8 MACRO IS STMが作られたのではないかとおもいますね。

そうなると20mmや28mmのレンズも発売される可能性があるのでしょうか?気になりますね。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R7
twitterで最新情報をチェックしよう!