富士フイルム 旗艦機X-H2の価格情報が流出か “クレージーな価格”

FUJIFILM X-H2S

X-H2の価格情報

富士フイルムのフラッグシップモデルとなるX-H2の価格が流出したそうです。いったい価格的にはいくらぐらいのカメラになる可能性があるのでしょうか?

それではその記事をみてみます。なお、画像はX-H2Sです。

実際の発表前に価格情報を流出させることは、私にとって間違いなくリスクだ。なぜならば、私の経験上、富士フイルムは最終的な発表の前のわずか数時間までに価格を変更できるからだ。

そして、4000万画素のX-H2は9月に発表されるとすると、富士フイルムにとって計画を変更するに、まだ多くの時間がある。

しかしながら、とにかく私は情報を公開したい、なぜなら、これが現在の値付けだと、複数の信頼できる情報筋から複数の確認を得ているからだ。それは価格が変更しないことを意味しておらず、それは富士フイルムが現在の価格を維持するために最善を尽くしていることを意味している。

複数の高く信頼されている情報筋によれば、富士フイルムのX-H2 4000万画素 非積層型 8k動画を撮影できる性能のあるカメラは1999ドルになるだろう。

これは私に言わせればとてもクレイジーな価格だ。

FujiRumors

記事によれば、X-H2の価格は1999ドルになるだろうとしています。記事執筆時点の為替レートで換算すると約27万円という価格になります。確かにフラッグシップモデルとしてはかなり安い価格設定になっているようです。

ただ、2018年に発売されたX-H1の初値は23万前後でした。いまはかなりの円安なので単純に当時の価格とは比較できませんが、同じクラスのカメラとしては値上げしていることは間違いありません。しかし非積層型とはいえ4000万画素で、8k動画が録画できる機能があるカメラとしてはAPS-Cセンサーではありますが廉価な部類に入るといってもいいのかもしれません。

X-H2の気になる仕様

それでは、ここまでで噂になっているX-H2の性能についてまとめてみます。

・価格は1999ドル=約27万円
・4000万画素
・非積層型CMOSセンサー
・8k動画対応
・9月発表

こうやってみると、案外わかっていないことが結構ありますね。まあ9月に発表ということですので、まだ仕様に関する情報がでてくるのはちょっと時期的に早いかもしれません。

これまでの経験則、特にX-H2Sの経験則では発表の1ヶ月前になってかなり情報が流出してきましたので、今回もその法則が正しいとするなら8月頭か中旬ぐらいから、ぽつぽつとX-H2に関する情報がでてくるのではないかと思います。

X-H2に関する噂などはこちらの記事からどうぞ

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

FUJIFILM X-H2S
twitterで最新情報をチェックしよう!