キヤノン 2022年新カメラの話 EOS R1/RS/RP後継ほか

EOS R3

キヤノンの2022年新カメラ

キヤノンの2022年の新カメラについての話題が投稿されています。最近、各社から様々なカメラの噂がでてきています。ニコンのZ 30とか、OM-5、ソニーのAPS-Cミラーレスなどがその例ですが、キヤノンからも続々と次の製品が発売される可能性も考えられそうです。

どのような予想がされているのでしょうか?一部を引用してみますので、見てみましょう。

EOS R1

R5とR6は、それぞれEOS 5D Mark IVとEOS 6D Mark IIの後継機種として、EOS R3はプロフェショナルシリーズの3シリーズを復活させ確固たる地位を確立しており、次に一眼レフからミラーレスに引き継がれるカメラはフラッグシップモデルのEOS-1D X Mark III以外にはないようにみえる。

あなたの血中ナトリウム濃度の危険性のために、これらの噂は話半分として受け取る必要がある。しかし、これが流出したEOS R1のいくつかの仕様だ。恐らく8500万画素のグローバルシャッターセンサーになり、フル解像度の8500万画素で20コマ/秒、クロップされた2100万画素で40コマ/秒の連写能力があり、クアッドピクセルAF、9段分のボディ内手ぶれ補正、15.5段分のダイナミックレンジ、最大160万のISO感度になるだろう。

EOS RS

EOS R5と混同しないように。キヤノンが高解像度のフルサイズミラーレスカメラを、ソニーの6100万画素のα7R IVのようなカメラに対抗するために開発をしているという噂が続いている。事実、我々は中判センサーに匹敵する1億画素のEOS Rに取り組んでいることを示唆する報告をいくつか目にしている。

最新の噂は、EOS RSのものと言われている仕様という形で出てきており、5000万画素の EOS 5DSのミラーレスバージョンはその後継機種になる。

これらの主張によれば、8000万画素で大きなグリップ、EVF、背面液晶により構成されEOS Rよりもわずかに大きなボディになると予想できる。さらにそれらは上下方向にチルト可能なビューファインダー(EVFか液晶かは不明)、新しいスタイルのジョイスティック(EOS-1D X Mark IIのものでR3にも実装されているスマートコントローラーの可能性)、さらにデュアルSDカードスロットがある。

EOS RPの後継機種と兄弟機

EOS RPは初期に発売された最初のEOS Rのカメラの一つだ。なので、更新されることになっているだろうことは理にかなっている。我々は幸せなことに、オリジナルよりも安い製品になるだろうことを理解している。

一方で、EOS RPがエントリークラスの後継機種と、その次の兄弟機のEOS R6との間に発生することになる大きな隙間を埋める”兄機”を得ることになると予想される。カメラに関する詳細は現在のところ不明だが、EOS R Mark IIになることはないだろう。

The DigitalCameraWorld

内容を読むと何かしら確固たる噂があるというわけではなく、これまでネット上で出回っている噂をまとめたものや、筆者の予想などを交えたものとなっています。なので、全体的にこういうカメラがあるといいなぐらいの感じで理解したほうがいいかもしれません。

可能性あるカメラ

というわけで内容をまとめてみます。カメラの種類を一覧にしてみます。

・EOS R1 フラッグシップモデル EOS-1D X Mark III後継
・EOS RS 高解像度板EOS R EOS 5DS後継
・EOS R6とEOS RPを埋める機種 EOS R Mark IIにはならない
・EOS RPの後継機種 

まとめるとこんな感じですね。EOS R1と高解像度板EOS Rはいつか必ず発売されるだろうと思いますので、実際に報告されている仕様になるかどうかはともかく、製品として登場することは間違いないと思います。

気になるのはEOS RPと、EOS R6とEOS RPを埋める機種ですね。EOS R6とEOS RPの間はかなり開いているのは事実で、そこに何かしらの製品を入れたくなる気持ちはわかりますが、そこまで多展開するかどうかは五分五分という感じもします。それよりEOS RPの後継機種を少し高めの価格で販売して、EOS RPを継続してそれぞれ併売するほうが効率がよい感じもします。

いずれちょっと高いEOS RPが時間の経過とともに値下がりしたら、それを現在のEOS RPの立ち位置で販売し、またちょっと高いEOS RPを投入すればいいようにも思えます。

ところでEOS RSに搭載されると記述されているチルト式のEVFか液晶がどんなものなのか気になりますね。上から除き込むことができるようなチルト式のEVFは昔もありましたが、液晶が採用されるとしたらかなり大きくモニターフードみたいな感じになるのでしょうか?

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

EOS R3
最新情報をチェックしよう!