ソニーが3本のAPS-C用レンズを発売と噂 いよいよAPS-Cてこ入れか??

ソニーが3本のAPS-Cレンズを発表する?

ソニーが最後にAPS-Cレンズを発売したのはいつだったろう?それは2019年8月28日の16-55mm f/2.8だった。

いま驚くことに、信頼性のある情報筋が、私にソニーは3本の新しいAPS-Cレンズを5月か6月に発表するかもしれないと述べた。それらは、二つが大口径単焦点レンズで、一つがズームレンズになるはずだ。

間違った情報であるといけないので、他の情報筋がこの噂を確認できることを望んでいる。ソニーが新しいAPS-CレンズとAPS-Cカメラを発売してもいい時期だ。

SonyAlphaRumors

ソニーがAPS-C用のレンズを発売する可能性があるとしています。新レンズについては3本あると噂されていて、そのうち2本が大口径レンズで、1本がズームレンズになるだろうとしています。

ソニーがAPS-C用のレンズを発売するとなると、かなり久々になりますね。しかも大口径レンズになる可能性があるということで、どのようなレンズになるのかは非常に興味深いところだと思います。

現在のソニーのAPS-C用単焦点レンズは以下のようなラインナップになっています。

・E 16mm f/2.8
・E 20mm f/2.8
・Sonnar T* E 24mm f/1.8
・E 35mm f/1.8
・E 50mm f/1.8

ソニーWebサイト

こう見ると結構なラインナップが揃っていますし、Eマウントの場合はフルサイズ用のレンズも利用できますので、これ以上のラインナップはあまり必要ないようにも思うのですが、大口径の単焦点レンズというと、どのようなレンズが発売される可能性があるのでしょうか?

考えられるとしたら、Sonnar T* E 24mm f/1.8はかなり高価格ですので、換算35mm相当の廉価な24mm f/1.8ですとか、ポートレート向けの60mm f/1.8や、中望遠マクロ向けのレンズなどが考えられるのでしょうか?

個人的には、ソニーは完全にフルサイズよりになっていて、APS-Cには注力しないのではないかと思っていたのですが、もしこれからAPS-C用のレンズが発売されるとしたら、そして、それが大口径レンズになるとしたら、APS-Cのハイアマチュアモデルについても、まだまだシェアの獲得を目指しているということになりそうです。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog