キヤノン APS-C EOS R7の仕様一部判明?? 3250万画素、デュアルメモリなど

キヤノンEOS R7の仕様が流出??

我々はついに、次に登場する最初のAPS-CセンサーのRFマウントカメラとなるEOS R7のいくつかの仕様を確認した。これで恐らく、ついにEOS Mシステムがお払い箱行きになるだろう。

EOS R7の仕様

・3250万画素APS-CデュアルピクセルCMOS AF
・15-30コマ/秒(メカシャッター/電子シャッター)
・UHS-II×2サポート
・4k 60/50 fps(NTSC/PAL)
・1060p 120/100 fps(NTSC/PAL)
・C-Log 3/HDR PQ
・ボディ内手ぶれ補正
・発表は2022年6月/7月

CanonRumors

キヤノンのEOS R7の仕様についての噂がでてきています。アイキャッチ画像はEOS 7D Mark IIです。

噂によれば、APS-Cセンサーを搭載したEOS R7の画素数は3250万画素で、たぶんメカシャッター時15コマ/秒、電子シャッター時30コマ/秒になるだろうとしています。メモリはSDメモリカードのデュアルスロット、動画は4k 60pまでで、ボディ内手ぶれ補正もあるようですね。さらに発表は6月か7月にあるだろうとしています。速ければ来月です。もうまもなくですね。

シャッター速度についてはEOS R5がメカシャッター時に最高で12コマ/秒、電子シャッターで20コマ/秒という性能になっていますので、それよりも高い数値が仕様として設定されていることになります。またレンズを小さく、画質よく作りたいでしょうから、必然的に手ぶれ補正も搭載されるようですね。

EOS Mはお払い箱に?

記事元には、これで恐らくEOS Mシリーズはお払い箱だというような表記があります。実際にそうなる可能性はあるのでしょうか?

いまキヤノンのAPS-C一眼レフとEOS Kiss Mはかなり売れているようですので、この状況が続くまでは、それぞれの機種を販売し続けるのではないかと思います。その後のシナリオとしては二つ考えられそうです。

シナリオ1 併売し続ける

EOS Kiss Mは人気がありますし、マウント口径が小さいので小型化に有利です。なのでEOS Kiss Mや小型で廉価なAPS-CカメラはEF-Mマウントとして販売し続けるという考え方です。キヤノンはマウントを多く抱えることになりますが、レンズを増やしたり、EF-Mマウントのカメラを増やさなければ、このまま併売し続けてもあまり経済的な痛手はないのかなと思います。

シナリオ2 EOS Rに吸収させる

逆に完全にRFマウントに集約させるという考え方もできると思います。将来的にRFマウントを採用したEOS Kiss R(仮称)というようなカメラを発売し、十分にRFマウントのEOS Kissに移行したところで、EOS Kiss Mを終売としてEF-Mマウントを終息させるという考え方です。こうすることで、カメラのマウントはゆるやかにRFマウントに集約することができ、経営的にも負担なく楽になる可能性もあるのではないかと思いますね。

実際はどちらの戦略を採用するのでしょうか?案外ばっさりとEF-Mを収束させる可能性も捨てきれないですし、まだまだ売れているのであれば技術的に枯れるまでEOS Kiss Mを販売し続けるという可能性もあるのではないかと思います。

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

twitterで最新情報をチェックしよう!