シグマの24mm f/3.5、20mm f/4?の特許公開

レンズのイメージ画像

シグマ新レンズの特許

【出願日】2020-10-20

[各種データ]
INF -0.5倍
焦点距離 24.00 19.45
Fナンバー 3.62 3.92
全画角2ω 81.27 78.13
像高Y 21.63 21.63
レンズ全長 65.22 65.22

[可変間隔データ]
INF -0.5倍
d0 ∞ 40.0680
d10 7.0307 3.1949
d15 1.5000 5.3358
BF 19.6941 19.6941

IP Force

私の特許の読み方に間違いがあったようです。お詫びして訂正いたします。詳しい方がコメントをしてくださいましたので、詳細はコメント欄からご覧ください。コメントありがとうございました。

シグマが新レンズの特許を出願していたことがわかりました。シグマの特許の内容はちょっと読み方がよくわからないのですが、これをみると24mm f/3.5、20mm f/4という2本のレンズの特許ということになるのでしょうか?もしそうだとしたら、ということで話を進めていきます(間違ってたらごめんなさい)。

それぞれ像高やバックフォーカスから、フルサイズミラーレス用のレンズであることは間違いなく、もし2本のレンズの特許ということであれば、前述のように24mm f/3.5、20mm f/4というレンズの特許になるのだろうと思います。

24mm F3.5 DG DN | Contemporaryの特許か?

このレンズの特許は2020年10月20日に出願されているわけですが、2021年1月22日にシグマは24mm F3.5 DG DN | Contemporaryというレンズを発売しています。ひょっとしたら、これらは同じレンズということになるのでしょうか?

というわけでレンズ構成図を比較してみます。

シグマWebサイト

こうしてみると非常にレンズ構成図が似ていることがわかります。しかし、前から2枚目のレンズの形状がかなり異なっていることがわかります。それ以外はほぼそっくりです。特許には複数のレンズ構成図が掲載されていますが、2枚目のレンズが同様の形をしているものはなく、どれも若干異なっています。

でも完全に同じ製品を発売しなければならないことはないので、恐らく特許公開とレンズの発売との時期的に考えると、この特許は24mm F3.5 DG DN | Contemporaryのものではないのかなと思いますね。

ということは、今後、20mm F4 DG DN | Contemporaryというレンズの発売も考えられるということなのでしょうか?

twitterいいね!とフォローのお願い

記事を読んで面白いと思ったら、ぜひTwitterのいいねボタンを押していただけると嬉しいです。
また、当サイトのアカウントをフォローもあわせてよろしくお願いいたします。
(Twitterページ)https://twitter.com/Nikon1Blog

レンズのイメージ画像
twitterで最新情報をチェックしよう!